新人×先輩対談

安心も成長も、質の高い看護も。2人で支え合うPNS。

当院では、先輩と後輩がペアを組んで看護をする「PNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)」を導入しています。ペアを組む2人に、仕事の様子や成長したことなどを語ってもらいました。
新人看護師

M・A さん

12階病棟

先輩看護師

A・M さん

12階病棟

新人看護師でも安心の環境

すぐそばに頼れる存在がいてくれるから、安心して挑戦できる。

12階病棟は主科のない混合病棟です。内科・外科に関わらず色々な疾患をもった患者さんがいらっしゃいますし、その状態も、急性期から終末期までさまざま。だからこそ、幅広い知識や、臨機応変な対応能力が必要です。Mさんとは業務の合間にこまめにコミュニケーションをとり、一緒に勉強したり、手技の練習を見ていただいたりして、スキルを磨いています。
Aさんを「いかに短期間で成長させられるか」が先輩としての仕事だと思っています。業務によって指導方法を変えていて、まずは自分の力でトライしてもらう場合もあれば、丁寧に説明と練習を繰り返し、自信がついてから挑戦してもらう場合もあります。
すぐそばに先輩がいてくれることで、安心して業務にあたれるのがPNSの最大のメリットだと感じています。分からないことはすぐに確認できますし、処置や業務がうまくいかなかった場合は、しっかりと振り返りをすることで、着実に成長していけます。
Aさんがいてくれることで、業務のサポートをしてもらったり、新しい視点からの意見をもらえたりすることもあり、私自身、とても助けられています。

学びや発見

患者さんに心地よく過ごしてもらうための、「プラスアルファの看護」

Mさんのきめ細やかな看護を間近で見ることで、学ぶことが本当に多いです。例えば患者さんの体を拭くケアひとつとっても「乾燥がひどいから保湿剤の処方をしてもらおう」と提案するなど、いつも一歩先を見据えた看護を提供していらっしゃいます。
そうですね。できるだけ患者さんが治療や療養に集中できるように、想いを汲み取り、環境を整えていくような看護を心がけています。でも、Aさんの方が患者さんと深くコミュニケーションをとっていて、こちらが知らなかった情報をくれる時もあります。患者さんの背景となる情報は退院や転院にあたって重要なので、素晴らしいスキルだと思いますよ。
Mさんにそう言っていただけると、うれしいです!1年目はマニュアル通りの看護しかできていなかったのですが、最近は少しずつプラスアルファのケアを取り入れることができるようになってきました。

成長

ひたむきに頑張る姿が見えているからこそ、全力で応援したくなる。

Aさんはおっとりしているように見えるのですが、実は負けず嫌いでひたむきな努力家。事前の情報収集や準備もきちんとしているし、本当に勉強熱心です。失敗してしまうことがあっても、悪かった点だけを指摘するのではなく、良かった点や、次に向けたアドバイスを行うことで、そのやる気を削がないようにしています。
優しく頼りがいのあるMさんにいつも感謝しています。うまくいかないことがあった時に「今回は難しいパターンだったね」「次はこうしてみよう!」と前向きな言葉をくださるので、モチベーションを保って成長していけるのだと思います。
Aさんの看護を見ていて、もうほとんど不安を感じることはないです。努力をおこたらず、着実に成長しているし、Aさんを頼りにしています。

これからの目標

確かな技術と寄り添う姿勢で、患者さんに必要とされる看護師に。

多種多様な患者さんの症状にスムーズに対応できるよう、疾患に対する知識と経験をもっと高めていきたいと考えています。同時に安心感を与える看護を心がけています。入院から退院まで一貫して患者さんから必要とされるような看護師になりたいです。
先輩とはいえ、まだまだ知らないこと、成長できる部分が自分自身にもあると思っています。後輩に頼られた時に、自信を持って支えることができるよう、日々勉強は続けていきたいです。私の成長が、後輩の育成にもつながると思うので。
Mさんに教えていただくことを全て吸収して、さらに深められるように頑張っていきたいです!これからもよろしくお願いします。
こちらこそ。一緒に頑張っていきましょう!
ページトップへ