新人×先輩対談

安心も成長も、質の高い看護も。2人で支え合うPNS。

当院では、先輩と後輩がペアを組んで看護をする「PNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)」を導入しています。ペアを組む2人に、仕事の様子や成長したことなどを語ってもらいました。
新人看護師

R・T さん

12階病棟

先輩看護師

M・N さん

12階病棟

新人看護師でも安心の環境

すぐに相談できる。いつも安心できる。PNSがあって本当に良かった。

12階病棟は、内科・外科・急性期から終末期まであらゆる疾患を抱えた患者さんがいます。そのなかでTさんと勤務が一緒になった日はペアを組み、2人で看護ケアをしたりTさんに1人で任せられる時は役割分担したりと、その日の患者さんの状況を見て判断しながら仕事に取り組んでいます。
いつでも気軽に相談できる先輩がそばにいることで、患者さんへの接し方や看護技術に不安がある時も安心。仕事が始まる前に1日のスケジュールを話し合い、初めての処置があった日は退勤前に振り返りをしたり改善点のアドバイスをしてくださったりと、細やかにフォローしてくださるのが心強いです。
ペアで看護に取り組むことで、ダブルチェックもスムーズに行えます。新人看護師の成長を後押しするだけでなく、患者さんにとっても安心できる体制です。

発見や学び

先輩の良いところを吸収して、自分の看護に取り入れています。

Nさんと一緒に看護をする時は、患者さんへの接し方や看護技術を間近で見ながら学ぶことができます。Nさんは、いつも患者さんの目線になってとても丁寧にお話をされていて、患者さんへの声のかけ方や話の引き出し方など勉強になっています。
実は、私にとってもTさんがいてくれることで安心感があるんです。患者さんへの処置が重なっている時や重症患者さんがいる時には、Tさんと支え合いながら看護に取り組んでいます。
そんな風に思ってくださっていたなんて、嬉しいです!いつも感じていたことがあるんですが、Nさんは私からの質問に対して、すぐ答えを教えるのではなくヒントを出してくださいますよね。
そうですね。すぐ答えを教えてしまうと、成長を止めてしまうことになります。Tさんからはいつも、看護技術や患者さんへの接し方などを学ぼうとする意欲的な姿勢が伝わってくるので、まずはTさん自身に考えてもらってからアドバイスをするように心がけています。

成長

落ち着いて、一歩深い看護ができるように。

入職したての頃は目の前の仕事に必死でしたが、2年目の今は任せてもらえる役割も増えてきて、患者さんに寄り添った看護ができるようになってきたと感じています。
昨年はTさんとパートナーではなかったけれど、看護を見ていて「大丈夫かな?」と不安を抱くことがありました。今はパートナーを組んでみて、頼れる存在だなと感じています。夜勤中に、緊急オペが入った患者さんがいた時にも落ち着いて対応できていて、私もTさんの成長を感じることができて嬉しかったです。
ありがとうございます!まだ不安なことはあるのですが、Nさんが細やかにアドバイスやサポートをしてくださるので安心して仕事ができます。

これからの目標

専門性と人間性を磨き、患者さんが安心できる看護師になりたい。

Nさんのようにベテラン看護師のみなさんの看護を見ていると、患者さんが安心して処置を受けられていたり、新人看護師には言わないような本音も話されていたりとまだまだ自分は未熟なところが多いと感じます。Nさんの看護を見て学びながら、患者さんが少しでも安心して治療に専念できるような専門性と人間性を兼ね備えた看護師になりたいです。
Tさんは以前に比べて、順序立てて看護を考えられるようになったり、根拠をもって看護ケアを実践できたりと確実に成長していると思います。Tさんが理想の看護師になれるようにサポートするので、一緒に支え合いながら看護に取り組んでいきましょう!
ありがとうございます。Nさんがそばで支えてくださるのは、とても心強いです。 これからもよろしくお願いします!
ページトップへ