診療科・部門

がんセンター

診療科・部門

部門について

ご挨拶

当院は、がん診療連携拠点病院として機能の充実を図り、大学病院の特性を生かしつつ、がん患者さんが安心して治療を受けていただける最先端の医療を提供してまいります。
また、地域連携も推進し、地域の先生方と協力してがん診療に取り組んでいきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

木島 貴志 (きじま たかし) センター長

部門の役割

現在わが国の死亡原因の第一位は悪性新生物(がん)であることから、がん対策の強化は国民希求の課題であります。2004年にスタートしました「第3次対がん10ヵ年計画」において、全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう がん医療の「均てん化」を図ることを目標として「がん診療連携拠点病院」の指定が始まりました。
兵庫医科大学病院は、2008年2月に「地域がん診療連携拠点病院」、2020年4月に「地域がん診療連携拠点病院(高度型)」、2019年9月に「がんゲノム医療拠点病院」の指定を受け、高度ながん診療を提供しています。

「地域がん診療連携拠点病院」では、5大がん(肺、胃、肝、大腸、乳)を中心にがんの診療機能を高め、適切な治療を提供することが求められます。このために、従来、各科別に行われていたがん治療を、集学的・包括的ながん診療に体系化して腫瘍評議会(キャンサーボード)を組織しております。さらに、外来化学療法の充実をはかるとともに、放射線療法におきましても、高精度の放射線装置による治療を導入しています。緩和ケアチームによりがんの痛みをコントロールしクオリティ・オブ・ライフの向上をめざす緩和医療の実践をするとともに、がん医療に関する相談支援体制を整えています。地域の医療機関との連携を密にした地域連携クリティカルパスを用いた診療は、五大がん(肺がん・胃がん・大腸がん・肝がん・乳がん)、さらに子宮体がん・前立腺がんで行っています。

がんの組織を用いて同時に多数の遺伝子を調べ(がん遺伝子パネル検査)、がんの原因となる遺伝子変異を明らかにして治療につなげるがんゲノム医療も行っております。「がんゲノム医療拠点病院」の指定を受けたことで、自施設内でがん遺伝子パネル検査の解析結果を検討することが可能となり、速やかに最適な治療方針の提案をしています。

このように兵庫医科大学病院では、安全で質の高いがん医療を提供すべく今後さらに努力する所存です。


主な検査・設備

がんセンター受付

画像を見る

待合室①

画像を見る

待合室②(情報コーナー)

画像を見る

待合室③(テレビ・飲料自動販売機・洗面台)

画像を見る

外来化学療法室①(ロッカー)

画像を見る

外来化学療法室②(ベッド)

画像を見る

がん相談支援センターがん診療支援室

専門の相談員が、がん診療に関わる支援を行っています。さらに、医療支援センター等とも連携をとりながら、医療に関わる相談を受けることができます。

画像を見る

薬剤調製室①(調製)

調製室には専任の薬剤師が常駐してがん化学療法に携わっています。安全キャビネットを3台設置し、薬剤師が抗がん剤調製を行ったり、抗がん剤の説明や副作用の発現状況の確認を行ったりしています。


画像を見る

薬剤調製室②(指導)

画像を見る

当部門の受付

当部門への各種お問い合わせを行っております。

お問い合わせ

電話番号 0798456061

から金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

FAX番号 0798456217

  • 担当者が確認後にお返事いたします。
※検査に対する予約の変更等は、当部門ではなく、おかかりの診療科にご連絡ください

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ