診療科・部門

医療支援センター

診療科・部門

部門について

ご挨拶

「医療支援センター」を担当させていただきます脳神経内科の芳川浩男です。 当センターの主な任務は、本学が担う特定機能病院の役割である高度先進医療・急性期医療やがん診療連携拠点病院としての役割を、適切に滞りなく提供できるようにする、従来の「医療支援センター」業務に加えて、患者さんの外来受診、入院、退院(転院)、在宅ケアにいたるまで、切れ目のないサービスを提供することにあります。そのために、当センターの医師・看護師・ソーシャルワーカー・事務職員などの多職種が参画し、院内はもちろん、地域の医療機関や、医師会、保健所、行政、福祉などとの連携を密にし、患者さんに多面的な支援を行います。当センターは、地域の医療機関と本院をつなぐ窓口でもあり、円滑な診療を促進し、患者さんの社会面での支援も行っていきます。
近年、病院・病床の機能分化がより明瞭になり、病態に即した医療の提供のため、ますます医療機関の診療連携は重要になってきました。先に述べた「医療支援センター」は2006年1月に本学に設置され、初代センター長には難波光義現院長が、続いて増山理教授、中野孝司教授、西信一教授がセンター長に就任しました。2017年4月より新しく生まれ変わった「医療支援センター」にて、私がセンター長として任務にあたらせていただきますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。

芳川 浩男 (よしかわ ひろお) センター長

部門内体制

当院では、地域の医療機関との連携を深め、患者さんを中心とした治療の一貫性を図り、相互の診療機能を効果的に活用することを目的としています。阪神間の各医師会及び各医療機関との情報交換を行い、患者さん及び地域の医療機関のニーズを把握し、病診・病病連携を円滑に進めるため、下記の業務を行っています。

・地域医療連携業務
・総合相談業務
・退院計画支援業務
・ボランティア支援業務

部門の役割

当センターでは、入院、通院する患者さん及びその御家族等が適切でより良い療養及び社会生活が営めるようご相談をお受けし、包括的援助を行います。さらに、特定機能病院としての役割を果たすために積極的に地域医療機関等との連携を推進し、地域住民の方々が医療・保健・福祉の統合のもとに、より適切な医療等を受けることができるよう幅広い活動を行うことを目的として、業務を行っています。

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ