診療科・部門

ペインクリニック部

診療科・部門

部門について

ご挨拶

痛みが生じる仕組みに応じた治療方法を選び、痛みを和らげます
ペインクリニック部で行う治療は、「神経ブロック療法」「薬物療法」「脊髄刺激療法」などがあり、痛みが生じる仕組み(発症機序)によって治療方法を選択しています。院内のさまざまな診療科と連携を取りながら、痛みを和らげる最適な治療を行います。

廣瀬 宗孝 (ひろせ むねたか) 診療部長

部門内体制

痛み治療に特化した医師が治療にあたっています。外来治療に加え、透視下神経ブロックも適宜行っています。痛みが強い場合などは入院加療も行います。

高度な専門医療

・脊髄刺激療法
・透視下神経ブロック療法
・エコーガイド下神経ブロック療法
・高周波熱凝固療法

主な対象疾患と診療内容

椎間板ヘルニア

手術になるのは全体のおよそ10%と言われており、ほとんどが自然に軽快していきます。神経ブロック療法や薬物療法を行うことで治癒を促したり痛みを取り除きます。

脊柱管狭窄症

腰下肢の痛み、跛行(歩いていると痛くなって休むとまた歩ける症状)の改善に神経ブロック療法などを行い治療します。

帯状疱疹後痛

急性期の除痛が肝心で慢性的な痛み(帯状疱疹後神経痛)に移行するのを防ぎます。

三叉神経痛

薬物療法が無効な場合や副作用のため内服不可能な場合には神経ブロック療法を行うことで痛みを軽減する処置を行います。

肩関節周囲炎

肩関節にエコーを使って局所麻酔薬やステロイド、ヒアルロン酸を使用することで治療を行います。

癌性疼痛

癌の痛みに対し鎮痛剤の調整を行います。それだけで痛みが改善しない場合は緩和ケアチームと連携し治療にあたります。

閉塞性動脈硬化症、レイノー症状など四肢の血流障害

交感神経をブロックすることで除痛だけでなく血流の改善効果も期待できます。

術後遷延痛

手術後(開胸術や四肢の切断など)の痛みが長引く場合に神経ブロック療法や薬物療法を行います。

脊椎術後症候群

ヘルニアや脊柱管狭窄症など脊椎の手術をした後でも痛みが残存する場合、神経ブロック療法や脊髄刺激療法を行うことで痛みを緩和します。

診療実績

2017年の診療実績

硬膜外ブロック 557
くも膜下ブロック 127
神経根ブロック 218
仙腸関節ブロック 64
星状神経節ブロック 364
腕神経叢ブロック 315
くも膜下フェノールブロック 1
ファセットリゾトミー 33
内臓神経ブロック 2
脊髄刺激トライアル 11
脊髄刺激装置植え込み術 4

2016年の診療実績

硬膜外ブロック 522
くも膜下ブロック 167
神経根ブロック 110
仙腸関節ブロック 76
星状神経節ブロック 353
腕神経叢ブロック 217
くも膜下フェノールブロック 0
ファセットリゾトミー 27
内臓神経ブロック 0
脊髄刺激トライアル 14
脊髄刺激装置植え込み術 6

臨床研究に関する情報公開

以下の研究について、当部門で実施しておりますのでお知らせ致します。研究に関する問い合わせ等がございましたら、各研究詳細ページに記載している連絡先にご連絡ください。

当部門の受付

当部門への各種お問い合わせを行っております。

お問い合わせ

電話番号 0798456124

から金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

FAX番号 0798456939

  • 担当者が確認後にお返事いたします。
※検査に対する予約の変更等は、当部門ではなく、おかかりの診療科にご連絡ください

受付場所

再診の方

2号館2階にお越しください

初診の方

1号館1階1番窓口にお越しください

はじめて受診される方へ

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ