お知らせ

関西では少ない「尿道狭窄症」の専門的治療を行っています

関西では少ない「尿道狭窄症」の専門的治療を行っています

再発率が高い内視鏡治療に替わり根本的に解決する「尿道形成手術」を実施しています

「尿道狭窄症」は外傷、内視鏡操作、感染などが原因となって尿道内腔が狭くなり、排尿できなかったり、排尿しにくくなる病気です。従来より内視鏡による手術が一般の施設で行われてきましたが、再発率が非常に高い病気でした。

兵庫医科大学病院では、2014年より、尿道狭窄症の根治が可能な開放手術による「尿道形成手術」を行っております。
尿道形成手術とは、狭窄した組織を切り取って正常な尿道同士をつなぎ合わせたり、あるいは口腔粘膜を使って尿道に代用する手術です。
兵庫県だけでなく、大阪府、京都府など関西全域をはじめ、中部や中国地方からも患者さんが来院され、2019年3月現在で、50件を超える手術を実施しています。主な手術方法は狭窄部切除+端々吻合(EPA) 26例、口腔粘膜手術 19例などです。

<担当医師より>
尿道形成はさまざまな病態に対応する技術とノウハウが必要で、専門施設での治療が望ましい病気です。内視鏡治療で治療困難と言われた方はぜひ一度ご相談ください。



泌尿器科 准教授 兼松 明弘
お問い合わせ:泌尿器科外来 0798-45-6230

お知らせ

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 関西では少ない「尿道狭窄症」の専門的治療を行っています

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ