診療科・部門

眼科

診療科・部門

診療科について

ご挨拶

見え方の質を求めて
高齢化社会を迎え、目の病気を患うリスクは増加します。失明を防ぐだけでなく、より良い見え方を提供し、快適な生活を送っていただく手助けをするのが、我々眼科医の役割です。当科では、黄斑・網膜、斜視・神経眼科、角膜、緑内障、白内障といった専門領域において最善の医療を心掛けるとともに、領域間の連携も密にして、チームで患者さんの視機能を守ることを心がけています。

五味 文 (ごみ ふみ) 診療部長

診療体制

初診および再診担当医と曜日別の専門外来担当医が、診療を行っています。視力や眼圧などの検査は視能訓練士が担当します。医師の治療方針の決定には、診察前の検査が非常に重要となります。視能訓練士は弱視訓練も担当します。

高度な専門医療

・最先端の眼科画像検査機器(広角眼底撮影、高侵達光干渉断層計、前眼部光干渉断層計、光干渉断層血管造影、共焦点走査レーザー検眼鏡、網膜微小視野測定)
・日本有数の黄斑疾患ならびに斜視診療症例数
・多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療実施
・緊急手術への速やかな対応
・多数の臨床研究の実施と研究成果の実診療へのフィードバック

主な検査・設備

OCT(光干渉断層計)

網膜の断層像を見る検査です。脈絡膜まで観察可能な高深達OCTや血管描出も可能なOCTangiographyも導入しております。また、隅角や角膜を観察するのに特化した前眼部OCT(CASIA)も有しています。

画像を見る

蛍光造影眼底検査

フルオレセイン、インドシアニングリーン蛍光造影眼底検査など

視野検査

ゴールドマン視野検査、ハンフリー視野検査、MP3など

画像を見る

斜視検査

交代プリズム遮閉試験、HESS、大型弱視鏡など

視機能検査

実用視力、歪視・不当像視、コントラスト感度、波面センサー など

白内障術前検査

角膜内皮細胞密度検査、光学的眼軸長測定装置(IOLマスター)、Aモードエコー、Bモードエコーなど

網膜電位図

ERG、多極所ERG(VERIS)など

色覚検査

石原式、パネルD15、アノマロスコープなど

主な対象疾患と診療内容

加齢黄斑変性

硝子体注射や光線力学療法、黄斑下手術

黄斑上膜、黄斑円孔

歪視の評価と硝子体手術

裂孔原性網膜剥離

硝子体手術や強膜内陥術

ぶどう膜炎

ステロイド治療や免疫抑制療法、硝子体手術など

糖尿病網膜症

網膜光凝固術や硝子体注射

斜視・弱視

プリズム眼鏡処方や斜視手術、弱視訓練

緑内障

点眼治療や手術治療

眼瞼痙攣

ボトックス治療など

角膜混濁

角膜(全層・表層・内皮)移植

ドライアイ

涙点プラグ挿入

診療実績

2017年の診療実績

眼瞼手術 122
斜視手術 681
角膜移植術 14
緑内障手術 195
網膜光凝固術 151
硝子体手術 595
白内障手術 1890
多焦点レンズ白内障手術 66
硝子体注射  2579

2016年の診療実績

眼瞼手術 129
斜視手術 758
角膜移植術 7
緑内障手術 135
網膜光凝固術 162
硝子体手術 588
白内障手術 1707
多焦点レンズ白内障手術 29
硝子体注射  2115

臨床研究に関する情報公開

当診療科の受付

当診療科への各種お問い合わせ・ご予約や、受付などを行っております。

お問い合わせ・ご予約

電話番号 0798456270

から金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

FAX番号 0798456937

  • 担当者が確認後にお返事いたします。

受付場所

再診の方

1号館2階にお越しください

フロアマップで場所を確認する

初診の方

1号館1階1番窓口にお越しください

はじめて受診される方へ

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ