診療科・部門

形成外科

診療科・部門

診療科について

ご挨拶

形成外科は、機能回復とQOLの向上を目的とする専門外科です。
形成外科は、主に体の表面のケガや変形、できもの、アザなどを治す診療科です。"傷を丁寧に縫合してきれいに治す""顔や手の骨折を元に戻す""皮膚の表面の腫瘍を取る""アザやシミを消す"などの役割があります。
顔(瞼(まぶた)、鼻、唇、耳)、手足、胸、腹、背中…どの部分も治療の対象です、もちろん、生まれつきの変形も含まれます。
形成外科の治療は手術が主体ですが、レーザー照射や注射、塗り薬や貼り薬、飲み薬も使います。
頭のてっぺんから足の先まで、お困りのことはご相談ください。

垣淵 正男 (かきぶち まさお) 診療部長

診療体制

兵庫医科大学病院 形成外科では、一般形成外科に加え、マイクロサージェリーなどの特殊な技術でもって、患者さん一人ひとりに最適な治療を選択し診療します。
「世の中に広く認められている標準的な治療を最高の技術で提供すること」をモットーとして、病気の治療とともに心の安らぎを得られる診療を心掛けています。

高度な専門医療

当科では...
・頭頸部再建、乳房再建をはじめとした再建手術を数多く行なっております。
・3D実体モデルを用いた術前シミュレーションによる顔面骨骨折手術や下顎骨再建などを行なっております。
・顔面神経麻痺による再建手術(動的再建、静的再建)、補助療法(ボツリヌストキシン注射)を行なっています。
・ケロイドに対する手術+放射線(電子線照射)による治療を行なっています。

主な検査・設備

炭酸ガスレーザー

主に母斑など良性腫瘍(できもの)を切除するのに使用します。

マイクロサージェリー

微小な血管を吻合する際に使用します。

超音波検査

CT

MRI

主な対象疾患と診療内容

眼瞼下垂症

加齢による下垂(腱膜性下垂)、先天性の下垂などの治療を行います。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺の手術(静的再建、動的再建)、補助療法(ボツリヌストキシン注射)による治療を行います。

肥厚性瘢痕、ケロイド

保存療法、手術療法、放射線療法などを組み合わせて治療を行います。

乳房再建

乳癌手術後の再建(インプラント、または自家組織)を行います。

外傷(顔面骨骨折、熱傷含む)

顔面骨骨折、骨折後変形治癒、熱傷、外傷などの治療を行います。

頭頸部再建

頭頸部癌手術後の組織欠損にマイクロサージェリーを用いて、自家組織再建を行います。

先天奇形

主に体表の生まれつき(先天性)の形態異常に対する治療を行います。(唇顎口蓋裂、母斑、多指・多趾症など)

皮膚腫瘍

母斑(ほくろ)をはじめとする良性のものが多いですが、時に悪性の腫瘍があります。

難治性潰瘍

難治性の潰瘍、糖尿病性足潰瘍などの治療を行います。

レーザー治療

各種あざ・しみの治療を行います。
※一部、休診中

美容医療

自由診療になります。

診療実績

2017年の診療実績

眼瞼下垂症 171
顔面神経麻痺 19
瘢痕・ケロイド 32
乳房再建 11
外傷 109
先天異常 79
腫瘍 546
難治性潰瘍 26
炎症・変性疾患 122
美容(手術) 12
レーザー 32

2016年の診療実績

眼瞼下垂症 154
顔面神経麻痺 15
瘢痕・ケロイド 47
乳房再建 28
外傷 62
先天異常 51
腫瘍 475
難治性潰瘍 39
炎症・変性疾患 211
美容(手術) 10
レーザー 73

当診療科の受付

当診療科への各種お問い合わせ・ご予約や、受付などを行っております。

お問い合わせ・ご予約

電話番号 0798456706

から金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

FAX番号 0798456922

  • 担当者が確認後にお返事いたします。

受付場所

再診の方

1号館 2階にお越しください

フロアマップで場所を確認する

初診の方

1号館1階1番窓口にお越しください

はじめて受診される方へ

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ