診療科・部門

周産期センター

診療科・部門

部門について

ご挨拶

お母さんの健康と赤ちゃんの健やかな成長をサポートします
当センターは、1989年より兵庫県阪神地区唯一の母子合併症疾患対応可能な地域周産期センターとして活動してきました。
2015年には総合周産期母子医療センターに指定されています。
ハイリスク妊娠・分娩の管理、低出生体重児や外科疾患などの重症新生児の治療など、母体・胎児・新生児に対する医療を行うとともに、精神的・社会的にもお母さん・赤ちゃんが安心して生活できるようサポートします。

竹島 泰弘 (たけしま やすひろ) センター長/主任教授

部門内体制

NICU(新生児集中治療室)15床、GCU(新生児回復室)12床、妊婦の集中治療室であるMFICU(母体胎児集中治療室)6床を備え、出生体重1000g未満の超低出生体重児の管理をはじめ、外科疾患や先天性代謝異常症など多彩な病態の新生児管理に常に対応できる体制を整えています。

部門の役割

阪神地域を中心に、品胎を含む多胎妊娠・前置胎盤・自己免疫疾患合併妊娠・糖尿病合併妊娠・精神疾患合併妊娠などの合併症妊娠や、常位胎盤早期剥離や妊娠高血圧症候群・産科危機的出血など産科救急症例の他施設からの受け入れを積極的に行っています。
また、重症新生児に対する脳低体温療法や血液透析療法にも対応し、染色体異常疾患や遺伝性疾患など小児外科疾患を含むハイリスク新生児の受け入れ対応も可能です。さらに、赤ちゃんに疾患があっても安心して地域で暮らしていけるよう地域行政、在宅コーデイネーターなどとも、密に連携をとっています。
胎児期から退院後まで、母体・新生児の疾患のみならず、家族のメンタルケアや育児支援を含めたサポートを心がけています。

高度な専門医療

上記(部門の役割)に記載しましたように、ハイリスク妊婦・重症新生児に対する高度医療を実践しています。

診療実績

2017年の診療実績

入院総数 410
出生体重1000g未満 8
出生体重1000gー1499g 13
先天性横隔膜ヘルニア 2
食道閉鎖 0
十二指腸・小腸閉鎖 2
鎖肛 2
腸回転異常症 2
低体温療法 2
血液浄化法 1

2016年の診療実績

入院総数 346
出生体重1000g未満 9
出生体重1000gー1499g 9
先天性横隔膜ヘルニア 2
食道閉鎖 1
十二指腸・小腸閉鎖 3
鎖肛 3
腸回転異常症 0
低体温療法 1
血液浄化法 1

当部門の受付

当部門への各種お問い合わせを行っております。

お問い合わせ

電話番号 0798456712

から金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30
※検査に対する予約の変更等は、当部門ではなく、おかかりの診療科にご連絡ください

受付場所

再診の方

急性医療総合センター 6階にお越しください

初診の方

1号館1階1番窓口にお越しください

はじめて受診される方へ

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ