診療科・部門

皮膚科

診療科・部門

当診療科のより詳しい情報は専門サイトをご覧ください。

診療科の専門サイト

診療科について

ご挨拶

患者さんの皮膚の悩みに寄り添う
皮膚は、非常に薄いながら全身を覆う、実は人体最大の臓器です。外界を隔て内臓を守るバリアであると同時に、センサーだらけの接点でもあり、強靭かつ柔軟に、常に変化しています。ただ、その不安定な状態が人目にさらされることで、精神状態だけでなく社会生活にも大きく影響します。
当科では、このデリケートな皮膚に関するあらゆるトラブルに対応させていただきます。痛みや痒みなどの苦痛をとり除き、悪性じゃないか、どこか内臓が悪いんじゃないか、原因は何か、などの不安をなくし、患者さんの皮膚の健康を取り戻せるよう、関係各科や関連病院、さらに全国、全世界の医師や研究者と積極的に連携し、全力を尽くして診療に当たります。

金澤 伸雄 (かなざわ のぶお) 診療部長

診療体制

特定機能病院の皮膚科として入院診療に重点を置き、皮膚悪性腫瘍・重症皮膚疾患・皮膚難病の急性期の治療を中心に診療・教育・研究を行っています。そのため、初診からすべて担当医の専門分野に応じた専門外来になります。また、乾癬、アトピー、皮膚外科、皮膚アレルギー外来を設け、より高度な皮膚科診療を提供します。

高度な専門医療

【皮膚悪性腫瘍】
ダーモスコピー検査による腫瘍の診断、病理組織学的診断、全身状態の評価、手術計画および実施、術中・術後管理、術後療法(抗PD-1抗体などの免疫チェックポイント阻害薬、分子標的薬、放射線療法など)、術後経過観察の一連をすべて行っています。手術では、所属リンパ節郭清に先立ち、PET-CT検査などを実施して、侵襲の少ない適切な治療法を提供します。

【乾癬・乾癬性関節炎・膿疱性乾癬】
重症度に応じてTNF-α阻害薬、抗p40抗体、抗p19抗体、抗IL-17抗体、抗IL-17受容体抗体などのバイオ製剤の注射や顆粒球除去療法を用いた新しい治療を取り入れ、適切なコントロールとQOLの改善を行います。また、新しい乾癬治療薬の臨床試験も実施しています。

【アトピー性皮膚炎】
重症の患者さんにはデュピルマブ(抗IL-4/13受容体抗体)などのバイオ製剤の注射やシクロスポリンによる治療を提供します。また、新しいアトピー性皮膚炎治療薬の臨床試験も適時実施しています。

【自己免疫性水疱症】
天疱瘡や水疱性類天疱瘡などの自己免疫性水疱症については、個々の患者さんの病状に応じ、ステロイドパルス療法や免疫グロブリンの大量静注療法を含め、適切な治療を提供します。

【下肢静脈瘤】
重症度評価に空気脈波検査(APG)、MR静脈撮影、ドップラー聴診などを行い、重症度に応じて、入院手術(結紮療法、瘤除去術、静脈抜去術、ラジオ波焼灼術)を実施しています。(硬化療法のみの治療、通院のみでの治療は行っていません。)

【漢方治療】
漢方療法の併用で、皮膚疾患の良好なコントロールをめざします。

【接触皮膚炎】
パッチテストによって、接触皮膚炎の原因を調べます。場合により、入院で行います。

主な検査・設備

セラビーム

エキシマフィルターを搭載した紫外線治療器で、乾癬やアトピー性皮膚炎に効果があります。

ダーモスコピー検査

皮膚腫瘍が良性か悪性かを判断する特殊なルーペです。

皮膚生検

皮膚を数ミリ切開、採取する検査です。皮膚炎の診断だけでなく、腫瘍が良性か悪性かを判断するために必要な検査です。当科では、年間400〜500件程度の皮膚病理組織検討を行っております。

静脈動態検査(空気脈波)

MRIやエコーと組み合わせて行い、静脈瘤の丁寧な診察を提供します。

主な対象疾患と診療内容

アトピー性皮膚炎

バイオ製剤の注射、シクロスポリン内服、漢方療法などを行っております。

薬疹・中毒疹

免疫チェックポイント阻害剤などの薬剤による皮膚炎の診療をしています。

乾癬

主にバイオ製剤の注射を行っており、診療実績は阪神間でトップです。

水疱症

主に入院で免疫抑制剤を用いた治療になります。

下肢静脈瘤

MRIやエコー、静脈動態検査(空気脈波)を用いた術前検査により、丁寧な診察・手技を心がけています。入院での手術が中心ですが、最新の治療である血管内焼灼術:ラジオ波(高周波)治療を導入しています。

基底細胞癌(皮膚がん)

切除手術を行っています。

悪性黒色腫(皮膚がん)

切除手術、免疫チェックポイント阻害剤、分子標的薬を用います。

有棘細胞癌(皮膚がん)

切除手術、化学療法、放射線治療を用います。

乳房外パジェット病(皮膚がん)

切除手術や集学的治療を行っています。

日光角化症・ボーエン病(皮膚がん)

切除手術を行っています。

診療実績

2019年の診療実績

初診(総計) 878
 アトピー性皮膚炎 104
 薬疹・中毒疹 23
 乾癬(膿疱性乾癬を含む) 60
 自己免疫性水疱症 9
 悪性腫瘍 16
 良性腫瘍 79
皮膚病理組織検討件数 346

2018年の診療実績

症例 アトピー性皮膚炎(初診) 166
薬疹・中毒疹(初診) 117
乾癬(初診) 90
自己免疫性水疱症(初診) 12
手術件数 基底細胞癌 単純切除術 17
切除植皮術 8
切除皮弁形成術 4
悪性黒色腫 単純切除術 9
切除植皮術 3
切除皮弁形成術 0
リンパ節生検・摘出 1
リンパ節郭清術 0
有棘細胞癌 単純切除術 10
切除植皮術 4
リンパ節摘出 0
切除皮弁形成術 1
乳房外パジェット病 単純切除術 2
切除植皮術 0
切除皮弁形成術 1
リンパ節生検 0
ボーエン病 単純切除術 2
切除植皮術 1
切除皮弁形成術 2
日光角化症 単純切除術 3
切除植皮術 3
切除皮弁形成術 0
下肢静脈瘤 抜去切除術 33
結紮術 4
血管内焼灼術 0

2017年の診療実績

アトピー性皮膚炎 初診 149例
薬疹・中毒疹 初診 215例
乾癬 初診 119例
水疱症 初診 34例
下肢静脈瘤 手術 55件
基底細胞癌(皮膚がん) 手術 20件
悪性黒色腫(皮膚がん) 手術 17件
有棘細胞癌(皮膚がん) 手術 22件
乳房外パジェット病(皮膚がん) 手術 7件
日光角化症・ボーエン病(皮膚がん) 手術 4件

※2017年1月~12月までの数字になります。

臨床研究に関する情報公開

以下の研究について、当科で実施しておりますのでお知らせ致します。研究に関する問い合わせ等がございましたら、各研究詳細ページに記載している連絡先にご連絡ください。

当診療科の受付

当診療科への各種お問い合わせ・ご予約や、受付などを行っております。

お問い合わせ・ご予約

電話番号 0798456240

から金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

FAX番号 0798456934

  • 担当者が確認後にお返事いたします。

受付場所

再診の方

1号館 2階にお越しください

フロアマップで場所を確認する

初診の方

1号館1階1番窓口にお越しください

はじめて受診される方へ

当診療科のより詳しい情報は専門サイトをご覧ください。

診療科の専門サイト

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ