眼科
診療のご案内
交通案内

眼科

診療内容・専門分野

五味 文診療部長五味 文
診療部長

当院では、ご紹介頂く施設と連携をとりながら、より高度の医療を受けて頂いております。一般眼科診療に加えて、下記の分野の専門外来を行っております。白内障手術に関しましては、多焦点眼内レンズの先進医療施設にも認定されており、乱視矯正レンズの使用も含めて、患者様のquality of visionを向上させる手術を心がけています。

≪ 黄斑ぶどう膜外来(火、水曜)≫
黄斑疾患を代表とする網膜や脈絡膜の疾患、網膜血管炎・ぶどう膜炎などの炎症疾患の診療を行っています。黄斑疾患の代表的なものに、加齢黄斑変性、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜静脈分枝閉塞症や糖尿病網膜症などに伴う黄斑浮腫、もしくは黄斑円孔や黄斑上膜などがあります。自覚症状は似ていますが、治療法が異なることもあり、正確な診断が必要です。当院では、光干渉断層計(OCT)(OCT angiographyを含む)、蛍光眼底造影、眼底自発蛍光などの画像検査、あるいはMチャートやアニサイコニアテストなどの自覚検査と併せて病状を把握し、タイミングをみながら、個々の患者様に応じた適切な治療を選択しています。豊富な経験に基づき、病状・治療方針を速やかに決定するよう心がけておりますので、患者様は納得して診療を受けて頂けます。
黄斑疾患以外の網脈絡膜疾患や、ぶどう膜炎などの眼炎症性疾患の診断・治療も、必要時には当院リウマチ・膠原病内科、血液内科等と連携しながら行っております。

≪ 網膜硝子体外来(毎日)≫
当院アイセンターには毎日稼働できるオペ室を3部屋有しておりますので、緊急の網膜剥離や眼外傷にも対応可能です。黄斑上膜、黄斑円孔といった黄斑疾患に加えて、増殖糖尿病網膜症、増殖硝子体網膜症などの難治例への手術も積極的に行っています。黄斑下の病変に対しても、手術適応を考慮の上対処しています。極小切開硝子体手術に対応できる硝子体手術装置を2台備え、広角眼底観察システムを使用して安全確実な手術を目指しています。

≪ 糖尿病網膜症(木曜午後)≫
糖尿病網膜症は糖尿病によって網膜の血管が障害される病気で、成人の失明原因の第2位となっていますが、初期には自覚症状がありません。そのため、糖尿病と診断されたら直ちに眼科を受診して、定期的な眼底検査を受けることが大切です。網膜症の発症や進行の予防には、血糖管理がもっとも大切です。病状の進行が認められれば、OCTや蛍光眼底造影などの精密検査を行い、必要に応じてレーザー光凝固術や眼内への薬物投与も行なっています。重症の増殖糖尿病網膜症に対しては、積極的に硝子体手術を行っています。

≪ 神経眼科(月、火、木、金曜)≫
CT、MRIなどの画像診断だけでなく、レーベル病に代表されるミトコンドリア遺伝子診断、抗AQP4抗体、抗MOG抗体や多局所網膜電図などの最新の技術と器械を用いた検査を行っています。麻痺性斜視だけでなく、中枢性の斜視に対しても、複視消失を目的に外眼筋手術を行い(年間約300例の手術件数は全国トップ)、また甲状腺眼症、重症筋無力症などの治療も専門としています。眼瞼痙攣や顔面痙攣に対してはボツリヌス毒素治療を行っています。

≪ 小児眼科(月、水、木、金曜)≫
先天性の眼瞼下垂や斜視、眼振などでは、最新の手術法などの治療技術を導入しています。斜視および 眼振に対して年間約300件と多数の手術を行っています。

≪ 緑内障(月、金曜)≫
緑内障は成人の失明原因の第1位となっており、いったん障害された視野を回復させることは難しいため、いかに早期に発見し治療を開始するかが非常に重要です。そのため、前眼部を含めたOCTや超音波生体顕微鏡などの最新の機器を駆使し早期発見に注力しております。薬剤による保存的治療から選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)、手術加療も行っています。手術は線維柱帯切除術・線維柱帯切開術・緑内障インプラント挿入術を中心に年間約120例を行っており、難治例に対しては、さらに高度な緑内障インプラント挿入術を行って、安定した眼圧を維持できるようになっております。

≪ 角膜・ドライアイ外来(火曜)≫
日常診療でよく遭遇する角膜疾患(角膜びらん、感染性角膜炎など)から難治性角膜疾患まで幅広く診療しています。前眼部OCT、共焦点顕微鏡、ウイルスPCRなどの検査で、的確な診断・治療を心がけています。また、兵庫アイバンク、米国Northwest Lions Eye Bankより提供された角膜を使用し、全層・層状角膜移植、角膜内皮移植術、角膜上皮形成術を行っています。先進医療である羊膜移植術も施行可能で、難治な再発翼状片に対する手術も行っています。ドライアイ外来では、重症度とニーズに合わせた治療を行なっており、シェーグレン症候群や移植片対宿主病(GVHD)でみられる重症ドライアイに対しては、薬剤治療に加えて涙点プラグ挿入術、涙点閉鎖術なども併用しています。眼瞼痙攣に伴う涙液異常にも対処しています。

外来 1号館2階
お問合せ先 電話番号:0798-45-6270 / FAX 番号 0798-45-6937
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.