診療科・部門

臨床研究に関する情報公開

診療科・部門

マクロファージ活性化症候群を合併した成人発症スチル病における血中sCD14-ST(プレセプシン)濃度の検討

以下の研究について、本学で実施しておりますのでお知らせ致します。
研究に関する問い合わせ等がありましたら、以下の連絡先にご連絡下さい。


研究課題名
マクロファージ活性化症候群を合併した成人発症スチル病における血中sCD14-ST(プレセプシン)濃度の検討

倫理審査受付番号
第2362号

研究期間
2016年8月 倫理審査承認日~2021年7月31日

研究対象情報の取得期間
下記の期間に(成人発症スチル病、リウマチ・膠原病内科)で受診された方
 2014年2月 承認日~2021年7月31日

研究に用いる情報
試料、カルテ情報

研究概要
(研究目的、意義)
成人発症スチル病(AOSD)の最重症合併症であるマクロファージ活性化症候群(MAS)のバイオマーカーは確立されていません。敗血症マーカーであるsCD14-ST(プレセプシン)が、貪食作用により貪食細胞(単球)から分泌され、血球貪食症候群で上昇することが報告されています。我々はAOSDに合併するMASにおいてプレセプシンがバイオマーカーとなりえると考えています。そこで、当科にAOSDで入院した患者の治療前後の血清と血漿を収集し、既存のマーカー(フェリチン、sIL2R、IL-18)と共にプレセプシン濃度の測定し、臨床データと合わせて臨床的意義を検討します。

(研究の方法)
入院中に行われる一般採血の際に、本研究用に別に血液検査(採血2ml)を行います。基本的に日々の血液検査と同時に採血を実施し、本研究の血液検査のためだけに再度の穿刺と採血は行いません。採取した血液を検査にかけることで目的とする検査データを得て、診療録や入院中にされた培養検査、画像検査と合わせて解析します。

(個人情報の取り扱い)
患者IDに新しく本研究用の症例番号を割り振ることで匿名化を行います。データについては、教室内のパソコンに保存し、常時施錠できる条件で管理します。後向き研究については既に資料・情報提供に文書同意した症例についてはこの掲示にて意義がない場合使用します(オプトアウト)。


本研究に関する
連絡先
兵庫医科大病院 リウマチ・膠原病内科 
実施責任者: 松井 聖
TEL:0798-45-6591 (平日 9:30~17:00) 左記時間外は当直医対応

トップページへ

  1. トップページ
  2. 診療科・部門
  3. 臨床研究に関する情報公開
  4. マクロファージ活性化症候群を合併した成人発症スチル病における血中sCD14-ST(プレセプシン)濃度の検討

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ