病院紹介

新病院棟(2026年開院予定)

新病院棟

新病院棟(2026年開院予定)

兵庫医科大学病院は、施設の老朽化による診療機能の低下に対する対応や、将来の先端医療に対する拡張性・臨床教育の充実を確保することなどを目的とし、現在「兵庫医科大学病院 新病院棟」を計画しています。

「社会性」「機能性」「快適性」「安全性」など、あらゆる要素を兼ね備えた最新設備の病院棟(15階建て)の建設を予定しており、隣接する急性医療総合センターとの行き来を可能にすることで、両棟で病院機能の統合を図る計画としています。

概要

外観

3Dイメージ動画

建物規模
地下なし・地上15階、塔屋階(ヘリポート設置)
構造種別
鉄骨造、一部リニアック廻り鉄筋コンクリート造
建物高さ
約73m
建築面積
約5,550m2
延べ面積
約71,000m2
病床数
842床(新病院棟)全体963床(予定)
主要部門
医事・患者支援、放射線治療、解剖・剖検、放射線診断、外来、内視鏡センター、生理検査、検体検査、輸血検査、がんセンター、血液浄化センター、アイセンター、リハビリ、臨床研究支援センター、供給(SPD、栄養、薬剤)、病棟

特長

A~Iまでの項目をクリックすると施設の特長がご覧いただけます。

新病棟の特徴に関する画像 A B C D E F G H I

教育・研究・働き方をさらに充実 A 病棟にスタッフルームや学生スペースを設け、多職種連携の推進と教育機能の充実
B 職員食堂を武庫川が臨める眺めのいい7階東側に配置
C 近隣住民の方も利用しやすい【医大モール(仮称)】を配置
災害発生時も、地域を守り抜く D 地震被害を最小限にとどめる免震構造
E 河川が氾濫しても機能を維持できるよう、診療機能や各玄関フロアを原則2階レベル以上に設置
F 1階に配置する放射線治療部の治療室には止水対策を行い、重要な医療機器を守る
より高度な医療を、より安全に G 急性医療総合センターと新病院棟の階高を合わせ、移動をシームレスに
H 分散する病棟、外来、中央診療施設などを新病院棟に集約
I 屋上へリポートに直結する救急エレベーターを設置

スケジュール

サポーター募集〜新病棟建設事業募金〜

兵庫医科大学 開学50周年記念事業募金

交通アクセス

最寄り駅
阪神電鉄「武庫川駅」西出口より徒歩5分
住  所
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

外来受付のご案内

受付時間 8:30から11:00
  • 受付は月~金曜と土曜(第1・3)
  • 午後の受付は予約の方のみ
  • 土曜 (第2・4・5)
  • 日曜
  • 祝日 (成人の日、敬老の日を除く)
  • 年末年始 (12月29日から1月3日)
電話番号 0798456111(代表)
月~金曜 8:30から16:45
土曜(第1・3) 8:30から12:30

診療科の一覧を見る

 

よくご覧いただいているページ