SWEET [私たちの価値観]

SWEETSWEET

EDUCATION

教育・キャリア支援

コンピテンシー開発プログラム

当院では、従来の「ラダーシステム」に代わって、「コンピテンシー開発プログラム」を導入。
他院に類をみない看護師の新しい働き方が広がっています。

新キャリア開発システム

一人ひとりが、自分の色で輝けるキャリア開発システムへ
新キャリア開発システム 図新キャリア開発システム 図
コンピテンシー開発プログラムのポイント

「Pre-SWEET」「Standard-SWEET」「Advanced-SWEET」「Excellent-SWEET」の4つのステージを設け、それぞれに果たすべき役割を設定。能力ではなく、役割をもとにどんな成果を発揮したかを評価します。
これによりお互いを尊重する関係が育まれ、一人ひとりに合った働き方が実現するなど、さまざまなメリットが生まれています。

  • POINT1
    能力評価から成果評価へ

    個人の知識や技術を評価するのではなく、人間性やスキルを活かして、実行したことや成し遂げたことを評価。より適切で、総合的な評価ができます。

  • POINT2
    対等・チーム意識を育む

    4つのSWEETはすべて「対等」な関係であり、それぞれの役割を遂行。お互いを尊重し、協力し合いながらチームで看護に取り組む環境が育まれています。

  • POINT3
    「育成」と「評価」を区分

    Pre-SWEETとStandard-SWEETは「育成」、Advanced- SWEETとExcellent-SWEETは「評価」のステージ。希望した人のみ試験に参加し、評価を受けます。

  • POINT4
    視野が広がるプレゼンテーション

    Standard-SWEETでは年に1度、実践したことを資料にまとめ、発表する場を設けています。人事考課の対象にならないので、失敗を共有しやすい環境です。

  • POINT5
    自分らしい働き方

    看護師の一般的なキャリアプランは、チームを牽引するリーダーへの道。当院では、その一本道だけでなく、個人の希望にそった働き方を選ぶことができます。

  • POINT6
    公平性のある複数評価

    他部署の管理者などによる評価を実施。複数の人による評価で公平性が高まり、部署を越え違った視点からの意見がもらえるため、新しい気づきも生まれています。

私たちがSWEET

Pre-SWEET

3年間で、一人前の看護師として成長する。

当院では、入職してから3年かけて「SWEET」を実践できる一人前の看護師を育成。その3年間にあたる新人看護師を「Pre-SWEET」と名付けています。
人事考課もなくじっくりと時間をかけて、当院のスタンダードな看護師に必要な知識や技術、人間性を育みます。

VOICE

自分のことだけでなく、まわりも見ながら看護できるように。

A・K
10階東病棟

病院見学の時に看護師同士が協力し、和気あいあいと働く姿に惹かれて入職。分からないことはすぐに聞けたり、研修を受けることで不安を解消しながら成長できるのが魅力だと感じています。2年目の研修では、基礎をもう一度振り返るのと同時に、ストーマケアや術後の看護など専門性を高めています。入職した頃は、自分のことだけで精一杯でしたが、今は他の看護師のサポートをすることも増え、まわりを見渡して動けるようになりました。

Standard-SWEET

Standard-SWEET
一人前の看護師として、看護や自分の未来と向き合う。

Standard-SWEETの役割は、一人前の看護師として「SWEET」な看護を実践すること。加えて、年に1度、現場で実践したことを資料にまとめ、プレゼンテーションも行います。プレゼンテーションを通して自分のことを客観的、かつ総合的にふり返ることができ、自分の課題を見つけて成長につなげることができます。また、自ら希望した人のみ人事考課の対象となり、評価基準を満たすことでAdvanced-SWEETに就くことも可能。自分らしい働き方を叶えられる環境です。

VOICE

Y.H 11階西病棟
退院後も、病気と上手に付き合えるサポートを。

Y・H
11階西病棟

私が担当する患者さんの多くは高齢者の方。退院後、ご本人もご家族の方にもより安心して暮らしていただけるよう食事メニューのアドバイスや、リハビリ室でなくてもできる運動を行っています。そのためには医師・栄養士・リハビリの専門士など、他職種との連携が必要です。当院では、医師をはじめ他職種の方にも話をしやすく、チーム医療を実践しやすい環境が整っています。患者さんが病気と“闘う”のではなく“上手に付き合える”サポートをしていきたいです。

Advanced-SWEET

Advenced-SWEET
部署のリーダーとして、チームをまとめる。

Standard-SWEETで求められる役割に加え、リーダーシップ性を発揮し、後輩の育成や部署全体の看護の向上に貢献することが、Advanced-SWEETの役割です。専門看護師・認定看護師を目指す道も広がっており、専門性を自分のためだけに活かすのではなく、チームのために共有します。もし、出産や育児で役割を果たすのが難しくなった場合、Standard-SWEETに戻ることも可能。自分に合った働き方を実現できます。

VOICE

R.K 手術センター
対患者さんだけでなく、スタッフの関係性も良いものに。

R・K
手術センター

新しい教育システムが導入された時、私は自ら手を挙げAdvanced-SWEETの選考にチャレンジしました。プレゼンの準備は大変でしたが、実践してきたことに対してきちんと評価をしてくださったことで、自信がつきました。Advanced-SWEETに就いたことで、自分のことだけでなく部署全体を見渡して考え、行動する意識がさらに高まりました。手術センターは、病棟よりも患者さんと接する機会が少ない場所。だからこそ、まずは、スタッフ内のより良い関係づくりに尽力していきたいです。

Excellent-SWEET

Excellent-SWEET
看護研究者・創造者として、部署や組織の発展に貢献する。

Advanced-SWEETの役割に加え、研究やプロジェクトを実施し、評価基準を満たした人が、Excellent-SWEETに就くことができます。新しい業務の仕組みづくりや、看護の品質改善にむけた研究、プロジェクトを行うことが役割のひとつです。その成果を院内外に発信することで当院の看護だけでなく、地域医療への貢献にもつながると期待が高まっています。