スタッフの声 [男性看護師座談会]

SWEETSWEET

VOICE OF STAFF

スタッフの声

男性看護師座談会

看護部で働く男性看護師のホンネ

当院では男性看護師も多く在籍しており、男性看護師会「BROTHER’S」をはじめ、一人ひとりが自分らしく活躍できる環境を整えています。看護師2年目を迎えた3名の男性看護師に、仕事でのやりがいや、男性ならではの働き方を語ってもらいました。


>>男性看護師会「BROTHER’S」については こちら

N・N
N・NNICU・GCU
R・H
R・H8階西病棟
H・T
H・T8階東病棟
男性看護師座談会イメージ
入職した理由
実習で、様々な患者さんや疾患に触れ、どこでも通用する力が身に付きそうだと感じました。
  • H・T

    大学生の時の実習先が、兵庫医科大学病院でした。いろんな疾患を持つ患者さんと接することができて、ここで経験を積むことで、どこでも通用するスキルや知識が身に付くんじゃないかと思ったんです。

  • N・N

    私も、実習で兵庫医科大学病院に来たのがきっかけです。私は子どもが好きで、NICUの実習に参加しました。成人の患者さんへの看護とは違い、赤ちゃんにとても繊細なケアをしているのを見て、自分もここで看護をしたいと思いました。

  • R・H

    私は就職先に迷っていた時に、大学の先生から兵庫医科大学病院を薦めてもらい、病院見学会に参加しました。皆さんが和気あいあいと働かれている姿や、明るい雰囲気が印象的で、どの病院よりも一番働きたいと感じたのが兵庫医科大学病院でした。

職場の雰囲気
思ったより男性看護師が多い。女性も男性も仲が良く、明るい職場です。
  • H・T

    他の病院に比べて、男性看護師が多い病院だと思います。私の所属する病棟にも、先輩と後輩合わせて3人いますし、やりづらさを感じたことはありません。

  • R・H

    私も、職場環境で困ったことは特にないです。むしろ、先輩方からはおもしろいキャラとして親しんでもらっていて、楽しく働いていますよ。

  • N・N

    その場を和ませるキャラなのは、私も一緒です(笑)。私の所属するNICUは皆仲が良く、明るい職場だと思います。

女性患者さんへの看護
患者さんの想いを事前に聞いて、女性看護師と協力し合いながら、
一番安心できる看護に努めています。
  • H・T

    私は看護をする中で、たまに女性の患者さんから、男性看護師ではなく、女性看護師の方が良いと言われることもあります。皆さんはどうですか?

  • N・N

    私は成人女性の看護をすることは少ないですが、赤ちゃんへの授乳指導は、女性の看護師に任せています。その代わりに、自分にできる仕事をしたり、お父さんとコミュニケーションを取るようにしています。

  • R・H

    Tさんと一緒で、女性の看護師を希望されることもあります。その時は、まず事前に患者さんにお聞きするようにしています。女性の方が安心であれば、女性の看護師に依頼するようにしていますね。

  • H・T

    患者さんとの信頼関係を築くためにも、事前に聞くことは大切ですよね。私も、同じような対応をしていますが、女性看護師と協力し合いながら、患者さんにとって一番安心できる看護を心掛けています。

男性看護師だからできる看護
「あなたがいて良かった」その言葉に、男性だからできる看護もあると感じました。
  • R・H

    私は、配属先を決める時に、今所属している泌尿器科を志望しました。男性の患者さんが多いため、男性看護師として役に立てることがきっとあるのではないかと思ったからです。実際に、特に若い男性の患者さんからは、「あなたがいて良かった」と言ってもらえることもあり、自分がいて良かったと思いました。

  • N・N

    私は普段、赤ちゃんのお父さんと接する機会がありますが、お父さん方から「男性看護師がいてホッとした」と言われることがあります。お母さんに比べて、お父さんは仕事の都合などで病院に来れる回数が少なく、限られた時間の中で信頼関係を作ることが大切です。私が声を掛けることで、心を開いてくださるのは嬉しいですね。

  • H・T

    私も患者さんから、「男性だと、車椅子への移乗も安心」と言ってもらったことがあります。特に、私が所属する病棟は、体が思うように動かない神経疾患を持つ患者さんが多く、体格的な面で若い女性看護師は不安だという声をお聞きすることもあります。そんな時に女性の看護師からも、「ちょっと手伝って」と声を掛けられることがあり、男性看護師だからできるサポートもあると思いました。

兵庫医科大学病院の魅力
男性看護師同士の繋がりが深いから、キャリアの話もしやすい。
お互いに、刺激を与え合う関係ができています。
  • H・T

    最先端の医療が行われている大学病院であり、いろんな疾患を持つ患者さんと関われるのは、とても勉強になります。経験値も積むことができるので、成長していきたいと思う人にとっては良い環境だと思います。

  • R・H

    男性看護師が多いのも、魅力のひとつですよね。兵庫医科大学病院には「男性看護師会」があり、部署や年齢に関わらず、全ての男性看護師と交流できる場があるのも嬉しいです。同期の男性看護師とも、研修を通して仲良くなれるし、刺激を与えられる関係にもなれます。

  • N・N

    私は職場だけでなく、プライベートでも一緒に出掛けることがあります。オンでもオフでも繫がりがある職場って、それだけで素敵だと思います。

  • R・H

    男性看護師の先輩がいるとキャリアの話もできるから、自分の将来の方向性も見えやすくなると思います。

  • N・N

    そうですね。部署にも先輩の男性看護師がいるから、1年目でも安心。先輩がいると、道標になります。

これからの目標
いろんな疾患に触れて視野を広げながら、スペシャリストの道も目指していきたい。
  • R・H

    私には、目標にしている先輩がいます。忙しい業務の中でも、淡々と仕事をこなすのではなく、患者さんのために、ひとつでもできることをしようと自分で考えて動いている方です。私もその方を見習って、患者さん本位での看護ができるようになりたいです。

  • N・N

    私は、いつも先輩方から親切に指導していただいているので、今度は自分が一人前の看護師になって、後輩にフィードバックしていきたいです。また、小児領域のスペシャリストも視野に入れて頑張りたいと思います。

  • H・T

    私の所属する病棟は混合病棟なので、いろんな疾患に触れて経験を積めるチャンスだと考えています。今は、専門分野を絞るのではなく、いろんな疾患に触れて、極めたい道を少しずつ見つけていきたいです。そして、その先にあるスペシャリストを目指したいと思っています。