資料請求 インターンシップ 見学会・合同説明会
global00.jpg

教育システム

2016年春、新教育システムがスタート!

コンピテンシー開発プログラムによる教育研修

コンピテンシー開発プログラムでは、3年間でスタンダードな一人前のナースを育てます。それ以降は、個人の希望と適性に基づいた役割を担い、その役割遂行に必要な能力(コンピテンシー)を育成。出した成果が、人事考課に直結します。

新システムを動画で紹介

動画が再生されない方はコチラから

まだまだあります!当院の教育の特徴

社会人基礎力の育成

社会人基礎力とは、看護に限らず、社会で働くうえで必要と言われる力です。当院は、知識や技術と同時に、この社会人基礎力を伸ばす教育を行い、人間力のある看護師の育成を目指しています。

実践型学習中心の研修内容

当院の研修のほとんどは、実践型学習です。
シミュレーション学習やロールプレイ、グループワーク等、チームで働く力を育てる研修や、自己主導型の学習が基本となっています。

当院だからできる研修のクオリティ

シミュレーションは、人形ではなく実際の人を模擬患者とするSP(Simulated Patient)をいち早く導入。臨場感あふれるリアルな状況での研修は、現場に出た際にあわてずに済んだ!と好評です。 指導するのは、「シミュレーションファシリテーター育成コース」を卒業した先輩たち。日常の勤務の中でも、高いレベルの指導が受けられます。

教育担当メンバーは看護教育のスペシャリスト

上記のような教育体制を計画・運営していくのが、看護部教育室。教育室のメンバーは、大学院で看護教育について研究したり、院外でも講師を務めたりする、看護教育のスペシャリストです。そのため、当院の教育計画や具体的な研修内容は理論や根拠に基づいており、効果検証や改善も高いレベルで行われています。

page_top_btn.jpg
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111 Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.
※このホームページは2016年8月1日の情報を元に作成しています。