診療のご案内
交通案内
産科医療補償制度加入機関
NPO法人兵庫さい帯血バンク

輸血拒否に対する基本方針について

兵庫医科大学病院では、これまで宗教的信念による輸血拒否については「医療に関する自己決定権」として「輸血が生命の維持に必要な場合でも輸血を行わない(絶対的無輸血)」との立場を尊重してきました。しかしこの絶対的無輸血は、生命の尊厳を第一義とする医療倫理に抵触する可能性があります。
ついては、今後「無輸血治療に最大限努力するが、輸血が生命の維持に必要な場合には輸血を行う(相対的無輸血)」との立場を明確にし、輸血拒否に対しては次のとおり対応いたします。

輸血拒否に対する基本方針
  1. 兵庫医科大学病院では、輸血拒否に対して「相対的無輸血」(輸血が生命の維持に必要な場合には輸血を行うこと)を基本方針とします。
  2. 「宗教的信念による輸血拒否」に対しては患者さん個人の権利として尊重し、可能な限り無輸血治療を行います。
  3. 相対的無輸血についての当院の方針を十分説明し、患者さんの自己決定を尊重します。絶対的無輸血(輸血が生命の維持に必要な場合でも輸血を行わないこと)を希望される場合には、それに対応できる他の医療機関への転院をお勧めします。
  4. 相対的無輸血についての説明を受けた上で当院での治療を選択された場合、輸血が生命の維持に必要になった時には、輸血の同意・署名が得られなくても、意識の有無、年齢に関わらず輸血を実施させていただきます。
  5. 救急搬送された場合や、院内での予期しない急変の場合など、時間的余裕がなく絶対的無輸血に対応する医療機関への転送が不可能で、輸血が救命に必要な時には緊急避難的に輸血をさせていただきます。

なお、絶対的無輸血の行使に必要な「免責証書」の発行および「署名」はいたしません。


平成28年6月
兵庫医科大学病院

兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.