診療のご案内
交通案内

医療人育成研修センター卒後研修室概要

医療人育成研修センター卒後研修室の役割

医療人育成研修センター長 鈴木 敬一郎

鈴木センター長 平成29年度より、卒後臨床研修センターは医療人育成研修センター卒後研修室として生まれ変わりました。これまで研修医は卒後臨床研修センターが、幅広い医療職のキャリア支援や多職種連携は医療人育成センターが担ってきました。この度、卒後臨床研修センターと医療人育成センターとが合併し、医療人育成研修センターが平成29年4月から発足することになりました。初期臨床研修だけでなく、後期臨床研修、専門医取得、その後のキャリア支援に至るまでカバーする所存です。
 専任の教員は平野准教授が1月から着任しており、卒後研修室長として臨床研修指導の中心となります。長年、卒後臨床研修センター長を務められてきた芳川副院長は研修管理委員長を担当します。その他の専任医療スタッフは看護師4名、リハビリテーション技師1名が在籍し、シミュレーションセンターも運営しています。これら豊富なマンパワーで、病院で行われる教育を、学部や職種の壁、卒前・卒後の壁を越えて担当し、病院における教務、教育センターを目指しています。
 新専門医制度への対応を含め、大学病院ならではのモデルコースの設定、キャリア支援を行い、皆さんが幸福で充実した医師人生を送れるようにサポートし、医療の充実に還元したいと考えています。どうぞ安心して研修してください。

医療人育成研修センター卒後研修室長 平野 公通

平野室長初期臨床研修の2年間は長い医師人生の中でも最も大事な期間です。この2年間でプライマリケアに必要な基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけることが求められています。すなわち、厚生労働省が定める「医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるように」という研修理念に沿って、本学でも研修プログラムを立案し、実施しています。兵庫医科大学病院での研修プログラムは、平成29年度より変更され、基本・小児科重点・産婦人科重点・外科専門医取得・たすきがけの5つのプログラムになります。
2年目の地域医療ではささやま医療センター、公立八鹿病院、公立宍粟総合病院、高砂西部病院、神戸アドベンチスト病院、西脇市立西脇病院、阪神間の診療所等での研修となります。最大13ヶ月の自由選択時期を設けていますので、非常に自由度が高く、後期研修を意識した初期研修が可能です。基本的診療能力を身につけるとともに、大学病院ならではの高度先進医療も存分に学んでいただけます。円滑で充実した研修が送れるよう医療人育成研修センターが支援いたします。皆さんと一緒に仕事ができることを一同楽しみにしています。

概要

平成26年6月中旬、卒後臨床研修センターは5号館5階から1号館4階に移転しました。その後、平成29年度から卒後臨床研修センターは隣接する医療人育成センターと合併し、医療人育成研修センター卒後研修室となりました。
移転先では研修医用の勉強机、文献検索や研修内容をEPOCに入力するためのPCを倍増し、学習環境をさらに充実させました。
また、男女個人用ロッカーや研修医用の休憩室・当直室、自動販売機等のアメニティも完備し、 研修医一人ひとりの住環境にも配慮しています。
さらに、移転前から設置しているPACS(医用画像配信システム)に加えて、移転を機に研修医専用の電子カルテシステムを導入し、臨床研修がこれまで以上に円滑に行えるようになりました。
隣接する医療人育成研修センターではスキルスラボや各種シミュレーターを用いて自主トレーニングを行うこともでき、研修医にとっては申し分ない環境が整っています。 

卒後研修室入口sotugocenter5.jpg

sotugocenter3.jpgsotugocenter4.jpg

兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.