超音波センター
診療のご案内
交通案内

超音波センター

診療内容・専門分野

飯島 尋子 教授飯島 尋子
センター長

当センターでは超音波指導医・専門医、超音波検査士が中心となり各科主治医と連携をとり、的確で迅速な超音波 診断をめざしています。年間検査数37,835件(一日平均145件)の検査をしています。緊急検査は即日に施行します。近隣の先生方から紹介して頂いた患者さんの検査も当院の診療科を通じて迅速な対応が可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

検査部位

検査部位 連携科
腹部領域 肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、副腎、膀胱、前立腺、子宮、卵巣、消化管〔虫垂炎、炎症性腸疾患、逆流性食道炎、腫瘍など〕 肝胆膵科・消化器内科、外科
体表 乳腺、甲状腺、副甲状腺 外科、内分泌・代謝科
軟部組織 整形外科
循環器 心臓 循環器内科 ・ 冠疾患科
血管 頸動脈〔脳梗塞、動脈硬化〕 神経・脳卒中科・糖尿病科
下肢動脈、下肢静脈〔深部静脈血栓症〕 皮膚科・産婦人科・整形外科
関節 手指、肘、膝等 リウマチ内科

特殊検査

  1. 腹部造影超音波検査
    消化器肝臓疾患では超音波造影剤を使用した検査を全国でもトップクラスのレベルで施行しています。腹部臓器の腫瘍の良悪性の評価や血流診断がリアルタイムに高分解能で診断できます。超音波造影剤は、副作用が少なく腎排泄型ではないため、ヨードアレルギーや腎機能の低下した患者さんにも使用可能です。また造影超音波を用いた脂肪肝や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や肝障害度の診断も行っております。
  2. 肝線維化診断
    超音波で肝臓の硬度を測定することにより、肝炎の程度や発癌程度などを判定しています。肝生検に替わる検査法として注目されている診断法です。
  3. その他
    負荷心エコー、経食道心エコー、術中腹部造影など

処置

穿刺生検(肝臓、腎臓、乳腺、甲状腺)   肝癌治療(主にラジオ波を使用)

場所 8号館3階(超音波検査室)
お問合せ先 電話番号:0798-45-6326 / FAX 番号 0798-45-6962
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.