手術センター
診療のご案内
交通案内

手術センター

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」

 「ダ・ヴィンチ」は、アメリカで開発された最新鋭の内視鏡手術支援ロボットです。 ロボット手術では、自由に動くロボットアームをポートから体内に挿入し、熟練した術者が遠隔操作して手術を行います。

 手術の方法は、鉗子を挿入するための小さな穴を体表にあけ、鉗子を挿入して行いますので、従来の腹腔鏡手術に似ています。大きな違いは、執刀医は患者さんから離れて操作コンソールに座り、3Dモニターをのぞきこみながらロボットアームを操作し手術を行うことです。まず、3Dモニターでは拡大された術野が立体的に見えるため、開腹手術では見えなかった細かい組織も詳細に観察できます。また、挿入されるロボットアームの先端に装着された鉗子は上下左右・回転など人間の手首のように自由に動かすことができるので、従来の腹腔鏡手術よりもさらに繊細な作業が可能となりました。

 すなわち、開腹手術に比べると、傷口が小さく、出血量も少なく、術後の疼痛も少なく、回復が早いというメリットがあります。入院期間も開腹手術より短く、早期退院も可能です。さらに、従来の腹腔鏡手術よりも術後合併症(尿失禁や男性機能不全など)の少ない質の高い経過が期待されています。(※合併症や術後の経過については個々の患者さんで多少異なります。)

(『ダ・ヴィンチ』による前立腺がん手術は、平成24年4月より保険適用となっています。前立腺がん以外の、腎がん、膀胱がんなどの泌尿器科疾患での『ダ・ヴィンチ』手術は自費診療となっています)

患者さんのメリット

  1. 傷口が小さい
  2. 出血が少ない
  3. 術後の痛みが少ない
  4. 開腹が早い
  5. 機能を温存できる可能性が高い

robot1.jpg robot2.jpg

兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.