薬剤部
診療のご案内
交通案内

薬剤部

業務内容


木村 健
部長
 当薬剤部は患者さんに安全かつ効果的な薬物療法を提供するため、調剤製剤部門・注射部門・臨床薬剤部門・薬剤情報管理部門に約80名の薬剤師を配置し、内外用入院調剤、一般・特殊製剤、TPN・化学療法注射薬の混合調製、一般注射薬の混合調製、病棟活動、薬剤管理指導、医薬品の購入・供給・品質管理、医薬品情報の収集・提供など、各部門がそれぞれ重要な役割を担っています。

また、チーム医療の中でその職能を発揮できる臨床薬剤師の育成に力をいれており、各医療チームに薬剤師を配置しています。今後も各領域における専門薬剤師の育成に努め、患者さんに信頼され、医療スタッフから評価される薬剤部を目指しています。


特徴的な活動
  1. 調剤においては、薬剤部門システムを導入し、処方内容・用法・用量・配合変化などを二重三重のチェックにより点検し必要があれば医師に確認をとり、適正な医薬品提供に努めています。
  2.  適正な抗がん剤治療を提供するため、化学療法のレジメンをチェックし、院内におけるすべての抗がん剤を薬剤師が安全キャビネット内で無菌混合調製しています。
  3. 病棟薬剤業務は、各病棟に専任薬剤師を配置して臨床薬剤業務を実施し、入院時の持参薬鑑別・薬物治療に関わる情報収集、入院期間を通じて使用される医薬品全般について効果や副作用のモニタリング・服薬指導・医師に対する処方提案・病棟における薬品管理等を行い、医薬品の有効かつ適正な使用に貢献しています。
  4. 注射カートセンターでは、カートセットした注射薬を365日・全病棟に供給しています。また、血液内科や小児科病棟等のハイリスク病棟において使用される注射薬を薬剤師がクリーンベンチ内で調製しています。
  5. 急性医療総合センター内のサテライト薬局では、医薬品供給や定数配置薬の管理・医薬品情報提供・薬物療法モニタリング、処方提案・薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務等を行い、薬物療法の質の向上・安全確保に努めています。
  6. 手術センター内のサテライト薬局では、常駐薬剤師による麻酔科医等への医薬品提供業務、また麻薬・毒薬・向精神薬や特定生物由来製品等の管理を行っています。
  7. 製剤室では、院内で使用する一般製剤・特殊製剤を調製しています。
  8. 感染制御・栄養サポート・緩和ケア・褥瘡対策等のチーム医療に参画しています。また、院内で開かれる糖尿病教室・腎臓病教室・心臓病教室等で、専門知識をもった薬剤師が患者指導を行っています。
  9. 外来患者に対しては、プライバシーとアメニティーに配慮した「お薬相談室」を開設しています。
    場所:1号館1階医療支援センター内
    受付時間:開院日 8:45~16:30
            開院土曜日 8:45~12:00
  10. 地域の医療機関に対しては、薬剤情報提供を通して医療連携の向上を図っています。院内及び院外の採用薬品情報を薬剤部ホームページ上に公開し、薬剤情報のお問い合わせに関する情報提供は薬品情報管理室にて電話とFAXで行っています。
場所 1号館4階
お問合せ先 電話番号:0798-45-6189 / FAX 番号:0798-45-6190
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.