ペインクリニック部
診療のご案内
交通案内

ペインクリニック部

診療内容・専門分野

廣瀬宗孝 診療部長廣瀬 宗孝
診療部長

ペインクリニックで行われる治療には、神経ブロック療法、薬物療法、脊髄刺激療法などがあり、痛みが生じる仕組み(発生機序)により治療方法を選択しています。

神経ブロック療法とは、痛みを生じている神経に直接、あるいはその周囲に局所麻酔薬を注入して神経 の伝わりを遮断することで痛みをやわらげる治療です。また、痛みの部位の血流がよくなり、筋肉の緊張を緩め、痛みを引き起こす物質を血管内に流す作用があります。神経ブロック療法は血流改善効果があるため、顔面神経麻痺や突発性難聴、虚血性の視力障害など痛みを伴わない疾患の初期治療としても用いられることもあります。

痛みはその発生機序が複雑なため、薬物療法にはさまざまな種類の薬が用いられます。NSAIDs(エヌ セイド)は抗炎症作用を持つステロイド以外の薬剤の総称であり、炎症性疼痛に対して鎮痛効果を発揮します。がん疼痛や神経が損傷された後などに長期間続く慢性痛に対して、医療用麻薬(オピオイド)が用 いられる場合もあります。オピオイドには鎮痛作用以外に便秘、嘔気・嘔吐などの副作用が生じますが、 副作用を軽減するため、オピオイドと一緒に下剤や吐き気止め等の薬剤を処方します。鎮痛補助薬(抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不整脈薬など)は神経障害性疼痛、複合性局所疼痛症候群、そのほか生理的治癒期間を超えて痛みが遷延する各種の慢性疼痛、骨転移痛をはじめとする一部のがん疼痛など、解熱性鎮痛薬や麻薬性鎮痛薬だけでは除痛困難な痛みに対して用いられます。

脊髄刺激療法とは、脊髄に微弱な電流を流すことで痛みを和らげる治療法です。神経ブロックの効果が 短く、薬物療法が芳しくない場合に行われます。硬膜外腔に電極を挿入して試験刺激を一定期間行い、除 痛効果が得られれば刺激装置を体内に埋め込み、患者さん自身が必要に応じて電気刺激の調節をすることが可能です。

以上のような治療法を用いると同時に、患者さんへの心理的な援助も必要となります。痛みによる不安や抑うつ、怒りなどの感情が必要以上に痛みを感じやすくさせるといわれています。また痛みは、それを体験する人にとって大きなストレスとなる出来事であり、ストレスのとらえ方や対処の仕方によってストレスの強さは変わるため、痛みの評価や対処の仕方は痛みに影響を与えると考えられます。ネガティブな感情を軽減し、痛みと上手につきあえる方法を話し合うことで、痛みの軽減を図ります。





外来 2号館2階
お問合せ先 電話番号:0798-45-6124 / FAX 番号 0798-45-6939
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.