血液浄化センター
診療のご案内
交通案内

血液浄化センター

診療内容・専門分野


中西 健
センター長

 「血液浄化センター」では、急性腎障害に対する緊急血液浄化、慢性腎不全における新規維持透析導入、各種疾患に罹患・合併した維持透析患者さんの入院透析を中心に、総合的な腎不全/透析診療を行っています。また、血液透析療法以外にも多岐にわたる疾患を対象に特殊血液浄化療法を実施しています。

ベッド数:血液浄化・透析用17床(移動型透析装置によるベッドサイドでの血液浄化も実施。)
スタッフ:医師12名 看護師11名 臨床工学技士2名
 当センターの主な4つの診療項目を下記に示します。

  1. 慢性腎不全における腎代替療法の開始
    慢性腎不全の腎代替療法として、血液透析・腹膜透析・腎移植があります。維持血液透析療法の導入、腹膜透析例での血液透析併用による治療効率の補助、腎移植周術期の血液浄化療法を各診療科と協力して実施しています。
  2. 慢性腎不全のための維持透析患者さんの診療
     地域の透析施設で維持血液透析を受けておられる患者さんが、種々の合併症・疾患に対する一般治療、手術、インターベンション治療などの目的で入院された場合には、各診療科との連携により、病態に合わせた至適透析を実施するとともに、安全かつ円滑に治療が進められるように努めております。
    (当センターでは原則として維持血液透析療法は行っていません。)
  3. 急性腎障害に対する血液浄化療法
    急性腎障害とは、数時間から1週間程度の経過で腎臓の機能が低下する病態です。急性腎障害の原因は多岐にわたり、初期の治療介入が予後を左右するため早急な対応が必要です。そこで急性腎障害により血液浄化療法が必要になった患者さんを迅速に受け入れ、適切な血液浄化法を行う体制をとっています。
  4. 特殊血液浄化療法
    従来の治療に抵抗する肝不全、血液疾患、膠原病、神経疾患、炎症性腸疾患、皮膚疾患、敗血症、動脈硬化性閉塞症、薬物中毒など特殊血液浄化療法(血漿交換療法、血液/血漿吸着療法、LDL吸着、白血球除去、腹水濾過濃縮)による治療効果が期待されるすべての疾患に積極的に対応しています。
場所 1号館5階
お問合せ先 電話番号:0798-45-6500 / FAX 番号:0798-45-6515
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.