臨床栄養部
診療のご案内
交通案内

臨床栄養部

業務内容

冨田 尚裕 部長冨田 尚裕
部長
食事療養(病院食)

当院では入院中の食事サービスとして常食の選択メニュー、温冷配膳車による適温サービスを行い、日常の食事時間に近づけるように食事配膳時間にも配慮しています。また、調理システムにクックチルを一部導入し、大量調理マニュアルに準拠して温度管理を行い、食品衛生上安全な食事の提供を行っておりま す。現在、選択メニューは朝食と夕食に行っていますが、それ以外に、12階の特別病棟では、食器は漆調や強化磁器製のものを使用し、朝食には当日焼いたパンを提供して、患者さんの満足度のより高い食事提供に努めています。

食事時間 (朝食)7時45分 (昼食)12時 (夕食)18時
配膳車 温冷配膳車
調理システム 大量調理マニュアルに準拠したクックサーブ(クックチルと併用)方式
選択メニュー (朝食)パンメニュー・ご飯メニュー 毎日
(夕食)Aメニュー・Bメニュー 週3回(月・水・金)
栄養指導

臨床栄養部の業務として、栄養指導は患者さんへの適切な食事の提供と共に重要な位置付けとしています。 個人指導は、医師の指導に基づき全科を対象に行っており、継続して栄養指導を行い患者さんに無理のない指導内容で、効果が上がるようにしています。集団指導は、糖尿病、腎臓病、心臓病・高血圧・脂質異常症、肝臓病、妊産婦教室を行っています。平成26年2月からIBDセンター後援の下、クローン病栄養教室、潰瘍性大腸炎栄養教室についても取り組みを始めています。

対象 指導日
個人 医師の栄養指導箋に基づき行います 外来:月~土曜日(9:00~12:00)
入院:月~金曜日(13:30~15:45)
集団 糖尿病 月1回(第3金曜日)
腎臓病 月1回
心臓病・高血圧・脂質異常症 月1回(第3木曜日)
肝臓病 月1回(第1木曜日)
妊産婦 月1回(第2木曜日)
クローン病
潰瘍性大腸炎
不定期
糖尿病透析予防指導管理

糖尿病からの透析移行の予防のため、外来通院中の糖尿病腎症期分類第2~4期の患者さんに、医師・看護師・管理栄養士が連携して、重点的な医学管理を行っています。現在、週4回(月・火・水・木)実施しています。

入院時栄養管理・NST

入院時栄養管理は看護部と協働して行っています。看護師がSGA(主観的包括評価:Subjective Global Assessment)でスクリーニングを行い、管理栄養士が患者さんに面談して計画を立て、看護師と共に 個々の栄養管理を行います。また、摂食障害や消化吸収障害、代謝異常等が原因で栄養状態の悪い患者さん には、医師・歯科医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・言語聴覚士・臨床検査技師等多職種により構成されたNST(栄養サポートチーム:Nutrition Support Team)により、輸液・経腸栄養・食事を総合的にアドバイスしています。当施設は、日本栄養療法推進協議会(JCNT)と日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)よりNST稼働施設として認定されています。現在、NST定期回診を週2回行い全ての病棟をラウンドするようにしています。また、至急の対応が必要な場合は病棟からの依頼により、随時対応しています。

場所 【栄養管理室】1号館地階
【栄養指導室】2号館2階
お問合せ先 【栄養管理室】電話番号:0798-45-6020 / FAX 番号 0798-45-6024
【栄養指導室】電話番号:0798-45-6129
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.