特定機能病院 兵庫医科大学病院特定機能病院 兵庫医科大学病院

ホーム > 診療科・支援部門 > 診療科 > 泌尿器科 > 研究の公表【泌尿器科】 > da Vinciサージカルシステム(DVSS)による腎部分切除術が施行された腎腫瘍患者を対象とした後ろ向き大規模観察研究
診療科・支援部門
診察科・支援部門
泌尿器科
診療のご案内
交通案内

研究の公表 【泌尿器科】

以下の研究について、本学で実施しておりますのでお知らせ致します。
研究に関する問い合わせ等がありましたら、以下の連絡先にご連絡下さい。

研究課題名

da Vinciサージカルシステム(DVSS)による腎部分切除術が施行された腎腫瘍患者を対象とした後ろ向き大規模観察研究

倫理審査受付番号

第2452号

研究期間

2016年11月倫理審査承認日~2018年3月31日

研究対象情報の
取得期間

下記の期間に泌尿器科で腎癌に対してロボット支援下腎部分切除術を施行された方
2011年1月1日~2016年3月31日 

研究に用いる
試料・情報

カルテ情報

研究概要

(研究目的、意義)
日本泌尿器内視鏡学会で把握している2011年1月から2016年3月末までに全国の約60施設でDVSSによる腎部分切除術(以下、ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術)が施行された(術式移行症例を含む)全ての腎腫瘍患者を後ろ向きに調査し、将来実施される研究の基礎情報となるデータベースを作成する。 さらに、このデータベースを用いて、手術の有効性(癌制御の効果、腎機能温存、合併症の有無、その他の主要評価項目に位置付けられる重要な項目の総手術時間、出血量、転移、再発)を評価する。 また、従来の腹腔鏡下手術では困難とされる「T1b腫瘍」、「埋没腫瘍」、「腎門部腫瘍」に対するロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の有効性も評価する。

(研究の方法)
主要評価項目: 術後3ヶ月時点までの血清クレアチニンが測定されている全症例を対象に、「癌制御の効果」、「腎機能温存」、「合併症の有無」、その他の主要評価項目に位置付けられる重要な項目の「総手術時間、出血量、転移、再発」を評価する。

(個人情報の取り扱い)
連結可能匿名化:研究の正しい結果を得るために、患者個人を特定して調査を行うこと、取得した情報を適切に管理することを目的として個人情報を利用する。 患者の個人情報を協力研究機関外に提供する場合には、各協力研究機関内で連結可能匿名化を行う。 対応表は本学(各協力研究機関内)で管理し、連結可能匿名化したデータのみを代表機関に送る。

本研究に関する
連絡先

兵庫医科大学病院 泌尿器科
山本 新吾(実施責任者)

TEL | (平日 8:30~17:00) 泌尿器科医局 0798-45-6366
     (上記時間以外) 0798-45-6111(代)…病院代表から泌尿器科当直医へ連絡下さい
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.