放射線科
診療のご案内
交通案内

放射線科

診療内容・専門分野

廣田 省三 診療部長山門 亨一郎
診療部長

画像診断部門とIVR部門及び放射線治療部門より成ります。

  1. 画像線診断・核医学/PET診断
    最先端の機器を用いた各種画像診断検査(各種X線単純撮影、CT、MRI、尿路・胆道造影、消化管造影、内視鏡、超音波検査(腹部、小児)、血管造影など)、核医学、PET検査を病状に応じ適切に行い、それをもとに、安全かつ正確な画像診断を行っています。検査結果は画像診断報告書を作成のうえ、迅速に各依頼科に配信しています。主なスタッフは放射線学会専門医の資格を持ち、全ての診療科と密接な連携をとりながら診療を行っています。
    また、健康医学クリニックの画像診断も担当しており予防医学にも携わっています。
    また、地域医療連携(病診連携)により、近隣病院やかかりつけ医からの検査予約を受けつけています。
  2. インターベンショナルラジオロジー(IVR)部門
    低侵襲的で治療効果の高い治療にて、QOLを重視した診療を行っています。平成25年より急性総合医療センター内に移設されたIVRセンターで診療しています。
     原発性肝癌に対する肝動脈化学塞栓術や悪性腫瘍に対するラジオ波焼灼術(以下RFA)を施行し、良好な治療成績を得ています。RFAは肝癌以外にも肺癌や腎癌、骨腫瘍等にも有効です。また。原発性アルドステロン症やクッシング症候群を呈する副腎腫瘍に対してもRFAで良好な治療効果が得られます。
    門脈圧亢進症(胃静脈瘤や難治性腹水、脾機能亢進症、肝性脳症)や肺動静脈奇形に対するカテーテル治療も国内有数の症例数を手がけています。
    その他、全身の血管奇形・動静脈瘻、動脈瘤の治療、子宮筋腫塞栓治療、頭頚部癌、膀胱癌、子宮頚癌に対する動注化学療法、圧迫骨折に対する椎体形成術、中枢神経領域のカテーテル治療など最先端のIVR治療を行っています。放射線科病床入院による術前術後管理も行っています。
  3. 放射線治療部門
    消化器癌(食道癌、大腸癌など)、前立腺癌、頭頚部癌、乳癌、婦人科癌などの各種悪性腫瘍に対し、三次元治療計画装置を用いた精度の高い放射線治療を実施しています。2007年5月より早期肺癌に対する体幹部定位放射線治療、2009年12月より前立腺癌に対する強度変調放射線治療 (IMRT)および画像誘導放射線治療(IGRT)も行なっております。また、泌尿器科と共同で前立腺癌に対する小線源治療も実施しています。さらに、本年度より腔内照射装置を画像誘導腔内照射 (IGBT)となり、高精度腔内照射を可能としています。
外来 1号館1階・8号館地階
電話番号:0798-45-6135 / FAX 番号 0798-45-6946
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.