小児外科
診療のご案内
交通案内

小児外科

診療内容・専門分野

 

小児外科は、新生児から15歳までの外科治療を専門とした診療部門です。鼠径ヘルニア・臍ヘルニアといった腹壁疾患をはじめとして、小児の消化器・呼吸器・悪性腫瘍などの多くの疾患に対する外科診療を行っています。また、急性虫垂炎、腸重積症、異物誤飲といった救急疾患に対する診療も行っていますので、夜間、休日を問わず下記までご連絡ください。

<新生児外科>
新生児集中治療室(NICU)と連携して、周産期医療における外科治療を担当しています。新生児外科においては、緊急性の高い鎖肛、食道閉鎖症、腸閉鎖症、腹壁破裂、穿孔性腹膜炎などの疾患に即座に対応できる体制をとっています。また、出生前に診断された小児外科疾患に対しては、産科や新生児科と連携して、出生直後からの治療に対応しています。特に先天性横隔膜ヘルニアや嚢胞性肺疾患といった生後早期から呼吸不全を呈する疾患においては、高頻度振動換気法や一酸化窒素吸入療法を含めた最新の呼吸管理を行っています。

<乳幼児外科>
急性虫垂炎や腸重積症といった日常よくみる疾患ばかりでなく、胆道閉鎖症、ヒルシュスプルング病、呼吸器疾患、小児がん(神経芽腫、腎芽腫、肝芽腫)、などの高い専門性を要する疾患の外科治療も行っています。こうした疾患では手術後の経過が重要ですので、小児科をはじめとした関連各科と連携して、病態に応じた綿密な治療と長期フォローアップを行ない、QOLの高い治療に取り組んでいます。

<小児の内視鏡外科>
身体への負担を減らし、将来にわたって手術による傷跡に悩むことのないように、安全性に重点をおいた内視鏡手術を行っています。現在実施している主な内視鏡手術は、鼠径ヘルニア根治術、虫垂切除術、腸重積症手術、胃瘻造設術、脾臓摘出術、メッケル憩室切除術、噴門形成術、先天性胆道拡張症、鎮肛根治術、ヒルシュスプルング病根治術、腫瘍摘出術、漏斗胸手術、肺切除術などです。
最近では、より傷の目立たない単孔式手術など、最先端の手術手技も積極的に導入しています。

<日帰り手術について>
鼠径ヘルニアや臍ヘルニアなどの小手術では、患児・ご家族の負担軽減や利便性の向上のために日帰り手術を実施しています。詳細については下記までお気軽にお問い合わせください。

外来 1号館2階
電話番号:0798-45-6250,6252 / 0798-45-6252
FAX 番号 0798-45-6930

arrow01.gif 医局ホームページ

兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.