下部消化管外科
診療のご案内
交通案内

下部消化管外科

診療内容・専門分野

冨田 尚裕 主任教授冨田 尚裕
診療部長
 

小腸、大腸、肛門における良性、悪性疾患の外科的治療を開腹または腹腔鏡下に幅広く行っています。
直腸癌においては、永久人工肛門にならないよう可能な限り肛門括約筋温存手術を行い、特に中下部直腸癌に対しては、根治性と機能温存(排便機能、排尿機能、性機能)の両立をめざした手術を施行しています(括約筋温存率90%~)。進行下部直腸癌に対しても、多くの場合、術前化学放射線療法の後に肛門温存手術を行っています。また、進行再発大腸癌の治療も積極的に行っており、切除不能の肝転移症例な どに対しても化学療法により腫瘍を縮小させた後に切除し、良好な成績を得ています。直腸癌骨盤内再発に対しても積極的な外科切除を中心とした集学的治療を行っています。遺伝性疾患である家族性大腸腺腫症の手術数も本邦では最多で、ほとんどの症例で腹腔鏡下の1期的手術(一時的人工肛門なし)が行われており、また遺伝カウンセリングや遺伝子診断も行っています。直腸・肛門疾患では、大きな直腸脱に対し、腹腔鏡下直腸固定術あるいは肛門操作のみで行うアルテマイヤー手術により高齢者にも侵襲が少ない 手術を行っています。
大腸癌の治療方法は内視鏡的治療の適応拡大、腹腔鏡手術の普及、術前化学放射線療法など日々進歩しております。週一回の自科カンファレンスに加え、月1回、下部消化管外科、消化管内科、放射線科、病理部合同の大腸癌カンファレンス(Cancer Board)を行い各領域の専門医との連携を強め、患者さんにとって最適な治療方針決定に努めています。

外来 1号館2階
電話番号:0798-45-6251 / FAX 番号 0798-45-6930
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.