乳腺・内分泌外科
診療のご案内
交通案内

乳腺・内分泌外科

診療内容・専門分野

三好 康雄 診療部長三好 康雄
診療部長
 乳腺・内分泌外科では、乳がんの専門科として最先端の診断および手術、さらにホルモン剤や抗がん剤による治療を行っています。当院はがん診療連携拠点病院であり、日本乳癌学会の認定施設として3名の乳腺専門医を含め7名のスタッフで診療を行っています。

 当科では 1)乳がんの診断 2)形と機能が保たれる手術 3)再発を防ぐ治療(化学療法やホルモン療法)に重点をおき、病院病理部、放射線科、形成外科、外来化学療法室との連携のもと、患者さんのご要望に幅広く応えられるよう最先端の医療環境を整えており、当院にてすべての治療が可能です。特に石灰化病変の診断に有効なステレオマンモトームやセンチネルリンパ節生検術の装置を完備しており、術前化学療法や一期的乳房再建術も行っています。具体的には、以下の診療を行っています。

  1. 乳がんの診断
    乳がんは、しばしばマンモグラフィーによる石灰化によって発見される場合がありますが、がんの診断には特別な装置が必要です。当院ではうつ伏せ式の針生検装置(ステレオガイド下マンモトーム)を有しており、石灰化病変の確定診断が可能です。
  2. 乳がんの手術、放射線治療
    がんがそれほど広がっていなければ、乳房を残す手術(乳房温存術)が可能です。手術前にMRI検査を行い、がんの広がりを正しく診断して切除範囲を決定しています。なお手術中に病理診断を行い、がんが切除できたかどうか確認しています。また、センチネルリンパ節生検術を行い、転移がない場合には腋のリンパ節を取らないことで、腕のむくみや動かしにくいといった症状が起こらない方法をとっています。アイソトープを使用することでほぼ100%センチネルリンパ節の同定が可能です。また、放射線科と連携して乳房温存術後の乳房や、再発の転移巣に放射線治療を行っています。
  3. 乳房の再建術
    がんが限局していれば乳房温存術が可能ですが、切除範囲が広ければ、乳房切除術(乳房を全部取る手術)が避けられません。当科では、形成外科と合同で、乳がんの手術と同時に乳房を再建する、一期的乳房再建術を行っています。乳房温存術ができない場合でも、ご希望があれば乳房の再建が可能です。
  4. 乳がんの術前療法および術後療法
    乳がんの術後には化学療法やホルモン療法、ハーセプチン療法を行うことによって、再発を約半分に減らすことが可能です。当科では、それぞれの患者さんのリスクを評価し、適切な術後療法を行っています。特に通院にて化学療法(抗がん剤治療)が受けられるよう、外来化学療法室を完備しています。
    また、化学療法を手術の前にも行っており、それによって効果のある治療法の選択や、乳房温存率を高めています。
  5. サポート体制
    手術や化学療法、日常生活で不安な点、困ったことがあればがん相談支援センターがん診療支援室にご相談ください。専任の女性スタッフが対応します。また、毎月第2,4水曜日に患者さんが集うサロンを開催しています。
  6. 家族性乳がんの診断
    乳がんのなかには遺伝が原因で発症する場合があり、家族性乳がんと呼ばれています。このような女性は乳がんになる確率が高いため、特別なマネージメントが必要です。当科では臨床遺伝部と協力し、このような女性に対する遺伝子診断やマネージメントを行っています。
外来 1号館2階
お問合せ先 電話番号:0798-45-6255 / FAX 番号 0798-45-6930
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.