title_ibdsergery.jpg
診療のご案内
交通案内

研究の公表 【炎症性腸疾患外科】

「当院にて炎症性大腸癌に対し治療を受けられた方へ」

当院では炎症性大腸癌における診療記録および採取組織などを利用した観察研究を行っております。この研究は、炎症性大腸癌に対し治療を受けられた患者様の発癌組織等を分析することを通じ、その発癌機序の解明を目指して行われます。

研究課題名

炎症性大腸発癌組織におけるRalおよびMMPの発現についての後方視的検討

倫理審査受付番号

第2517号

研究期間

2016年12月倫理審査承認日~2018年3月31日 

研究対象情報の
取得期間

2003年1月1日から2015年12月31日の期間に、当院で内視鏡的・外科的切除により炎症性大腸癌と診断された方

研究概要

(研究目的、意義)
潰瘍性大腸炎は、若年者に多い病因不明の炎症性腸疾患で、患者数は増加の一途をたどっています。また長期罹患患者も多く、それに伴い腸炎関連大腸癌患者も増加しつつあります。この腸炎関連大腸癌は、通常の大腸癌とは発癌機序が違うと考えられていますが、その機序は明らかにされていません。
本研究は、発癌機序の解明を目指し、対象患者様より採取した発癌組織を用いて正常細胞の癌化に関わる物質や癌の深部浸潤に関わる物質の発現について検討することを目的として、札幌医科大学との共同研究として実施されます。

(研究の方法)
この研究は、厚生労働省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を守り、倫理審査委員会の承認の上実施されます。
すでに採取されている発癌組織および診療情報を用いて行う研究で、特に患者さまへの不利益はなく、新たにご負担いただくことはありません。対象の組織は当院病理診断部門において標本に作製し、代表研究施設である札幌医科大学に送付します。札幌医科大学にて分析検討が行われます。

この研究にご協力いただくかどうかは、研究参加者の皆様の自由意思に委ねられています。この研究のためにご自分の組織や情報を使用してほしくない方は、当科の医師まで遠慮なくお問い合わせ下さい。研究にご協力いただけない場合にも、皆様の不利益につながることはありません。また、この研究に参加することで皆様が得られる利益もございません。研究期間中にご本人の申し出があれば、可能な限り収集した情報を廃棄し、関連する情報・データもそれ以降研究目的に用いません。ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。

本研究に関する
連絡先

兵庫医科大学病院 炎症性腸疾患外科(本研究における担当業務:組織提供)
 池内 浩基(研究責任者)
 内野 基(連絡担当者)
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

TEL | (平日 9:00~17:00) 0798-45-6371
FAX |0798-45-6373
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.