血液内科
診療のご案内
交通案内

血液内科

診療内容・専門分野

小川 啓恭 診療部長小川 啓恭
診療部長

血液疾患の診断と治療、特に悪性血液疾患(白血病、悪性リンパ腫など)を中心とした診断と治療を行っています。

  1. 白血病、悪性リンパ腫を中心とした難治性血液腫瘍に対する化学療法、分子標的療法や再生不良性貧血に対する免疫療法、さらには、これらの疾患に対する、血縁(HLA適合・不適合)・末梢血幹細胞・非血縁の骨髄・臍帯血を用いた造血幹細胞移植を行っています。また、患者さんの年齢・病状に応じて、最善の結果が得られるように、フル移植とミニ移植を使い分けています。
  2. HLA半合致移植、複数臍帯血移植、骨髄内臍帯血移植など、先進的な移植を積極的に進めることにより、難治性血液腫瘍の治癒率の向上、安全性の向上を目指しています。
  3. 血液専門医を3名以上有する、関連病院(尼崎中央病院、宝塚市立病院、上ケ原病院、日生病院、NTT西日本大阪病院、赤穂中央病院)とネットワークを構築しており、大学では、主として、同種造血幹細胞移植を中心に、関連病院では、通常の化学療法や自家造血幹細胞移植などの大量化学療法を行うというシステムの中で、できるだけ多数の患者さんの救命に貢献したいと考えております。
  4. 微小残存白血病(MRD)であるWT1遺伝子発現をモニタリングしながら、治療を行うことにより、再発の超早期診断が可能であり、それを治療成績の向上に結びつけることを目指しています。
  5. 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)など血小板の異常による出血性疾患、血友病、フォン・ビレブランド病を中心とする凝固の異常による出血性疾患等、様々な出血性素因を持つ疾患の鑑別診断、治療を行っています。
  6. また、これらの出血傾向を持つ患者さんの手術時の止血管理を外科と共観の上行っています。
  7. 播種性血管内凝固症候群(DIC)、深部静脈血栓症(DVT)など血栓性疾患の原因精査・治療、および先天性・後天性の血栓性素因の鑑別診断、血栓症発症時の治療、および血栓症発症予防管理を行っています。
  8. 増加の一途をたどるHIV感染症・AIDSの治療を行っています。治療薬の進歩により、感染者の発病は激減しています。本院はHIV感染症診療拠点病院であり、当科だけではなく、院内の関連各診療科、医療社会福祉部、臨床心理部などと連携し、全科的に対応が可能です。
外来 1号館3階
お問合せ先 電話番号:0798-45-6200 / FAX 番号 0798-45-6925
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.