歯科口腔外科
診療のご案内
交通案内

歯科口腔外科

診療内容・専門分野

岸本 裕充 主任教授岸本 裕充
主任教授

口腔外科を中心に、一般歯科(主に当院他科の入院患者を対象)にも対応できます。専門外来として、口腔インプラント、口腔腫瘍、顎関節症、顎顔面外傷、顎変形症、顎顔面補綴などの診療も行っています。

  1. 口腔外科:,
    口腔、顎、顔面に発生する腫瘍、嚢胞(のうほう)、炎症、粘膜疾患(白板症、扁平苔癬、カンジダ症)、外傷、先天異常、顎変形症、顎関節症、唾液腺疾患、神経疾患、血液疾患などの診断と治療を行っています。
  2. 一般歯科:,
    当院入院患者を対象にし、周術期の口腔管理、歯科治療を主とした診療を行っています。
    また他科との共観を要する外来患者についても治療の対象にしていますが、定期的なリコールが必要な歯周治療や補綴治療については開業医の先生方に逆紹介させて頂いております。
  3. 専門外来
    1. 口腔インプラント:従来の補綴治療(咬合、咀嚼回復治療)の適応を拡大するものとして、歯が欠損した部分の骨にインプラント(=人工歯根)を植立し、その後に補綴治療を実施しています。
      また、骨量が少ない場合には骨移植や骨補填剤を使用して増骨する骨造成術を行っています。腫瘍切除や外傷後などの広範囲欠損に対するインプラント義歯(広範囲顎骨支持型装置)が保険診療として承認されています。一般歯科治療が必要な場合は、かかりつけ歯科の先生に協力して頂いています。
    2. 口腔腫瘍:舌、歯肉などの悪性腫瘍に対し、標準治療を主体として化学療法、放射線治療を併用しながら治療を行っています。再建手術が必要な場合は形成外科とともに手術を行っています。近年は、放射線科と共同で超選択的動注化学療法を併用した放射線治療を行い、好成績を収めています。また、術後の機能的評価や欠損部に対する顎補綴もシームレスに行っています。
    3. 顎関節症:グローバルで信頼度の高い顎関節症臨床診断基準(DC/TMD)とMRIなどの画像診査をもとに顎関節症および類似疾患について診断しています。治療では薬物療法、スプリント療法顎関節腔内洗浄法を実施しています。
    4. 顎顔面外傷:交通事故や転倒・転落、スポーツなど様々な原因によって損傷を受けます。外傷を大きく分類すると、口腔粘膜や皮膚などの軟組織の損傷、歯や歯を支える歯槽骨の損傷、顎骨損傷に分類されます。軟組織の損傷に対し適切な処置を行い瘢痕が残らないように努めています。歯の脱臼に対しては、可能な限り早期に処置を行い生着率の向上に努めています。顎骨の損傷では「咬合(咬み合わせ)の回復」を最優先に治療しています。また、手術の際は可能な限り口腔内から手術を行い、皮膚を切開する場合は最小限の切開で手術を行います。以前は全例、チタン製のプレートで固定をおこなっていましたが、除去手術の必要がない「吸収性」プレートを用いた手術は患者さんへの身体的な負担が軽い上、金属プレートに遜色のない治療結果が得られており使用例が増加しています。患者さんの早期社会復帰を考慮し、可能な限り吸収性プレートで治療を行っています
    5. 顎変形症:矯正歯科専門医と共同で、重度の上顎前突や下顎前突(受け口)などに対する外科的顎矯正手術を行っています。
    6. 顎顔面補綴:頭頸部腫瘍切除後の患者を対象に、喪失した顎顔面形態や咀嚼嚥下機能の回復を目的とした補綴治療を行っています。近年インプラントを用いた顎補綴や構音、嚥下障害に対する補綴的治療も行っています。
外来 2号館3階
お問合せ先 電話番号:0798-45-6670 / FAX 番号 0798-45-6940
兵庫医科大学病院〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1番1号TEL:0798(45)6111
Copyright(c) Hyogo College Of Medicine. All Rights Reserved.