兵庫医科大学がんセンター

地域連携パス

がんの地域連携クリティカルパス(がん地域連携パス)とは、がん診療連携拠点病院と地域の医療機関(かかりつけ医)が作成する役割分担表、地域連携診療計画表などから構成される、がん患者に対する診療全体を体系化した仕組みのことです。がん医療の質を保証し安全を確保するためには、がん地域連携パスを効率よく運用することで、がん診療における医療機関の役割分担を明確にするとともに地域連携を強化していく必要があります。がん対策基本法に基づくがん対策推進基本計画およびがん診療連携拠点病院の指定要件の見直しに伴い、国の施策として、5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)の地域連携パスの整備が求められています。

このような状況の下、兵庫県内のがん診療連携拠点病院などによって構成される兵庫県がん診療連携協議会では、平成22年10月に兵庫県内における医療機関において共通して利用できる5大がん地域連携パス兵庫県統一案ver1.0を策定し、その運用を開始しました。

この「がん地域連携パス」を活用することによって、地域の連携医療機関(かかりつけ医)とがん診療連携拠点病院とが協力して情報交換を行い、患者さんの視点に立った、安心で質の高い医療を提供する体制を構築することが可能となります。患者さんにとっては、待ち時間や通院時間の短縮などによる負担軽減や、ご自身の治療計画や経過の把握、緊急時の診療体制の確立による不安の解消といった利点にもつながります。

平成24年4月からは、地域の連携医療機関(かかりつけ医)からの参加申請手続きが緩和され、「がん地域連携パス」の運用がより一層、推進されることが期待されます。

兵庫医科大学がんセンター TEL:0798-45-6061/FAX:0798-45-6217 受付:月~金/8:30~16:45(祝祭日および11/22はお休みです。〒663-8501兵庫県西宮市武庫川町1-1 兵庫医科大学8号館4階)